« 車お宝話(216)(新)回想録・・・(4) 小排気量車 | トップページ | 車お宝話(218)(新)回想録・・・(6) シトロエン2CV »

2010年1月30日 (土)

車お宝話(217)(新)回想録・・・(5) ジュリアSS

 

ぼちぼちスーパーカーの話しにと思いつつ、仲々辿り着かない・・・

それはそうだろう、10年ほどの道のりを、僅か数枚分の
原稿用紙程度の内容で書けるわけがない・・・。

書いているうちに、次から次へと思い出されてくるから、
それを書けばいいようなもんだが、思い出される内容は
断片的なモノが多いから、始末に悪い・・・

2年以上まえに書いた、最初の「お宝話」のときは、
スラスラと書けたもんだが、それをもう少し掘り下げてとなると
仲々厄介な作業になる・・・

たとえば「アルファロメオ」の話しひとつ取って見ても、
あれもある、これもあると、1台や2台の"アルファの思い出"
ではないのだから、まとまる訳がない・・・

それこそ1台1台の思い出を全部書いていたら、1年経っても
スーパーカーの話には辿りつかないだろう・・・!

ところが根っからクルマが好きだし、思い入れもあるから、
そうは簡単に割愛出来ないから、厄介で始末に悪い・・・。

それでも、こんな調子で駒を進めていることを言い訳にして、
ぼちぼちと書かせてもらうことにする!

と言う訳で、今日は特に想い入れのある「アルファロメオ」の
お話を一題・・・。

「アルファロメオ ジュリアSS スプリント スペチアーレ」

A4

通称ジュリアSS・・・1958年に発表されたこのクルマは、
ベルトーネ時代のフランコ・スカリオーネが、スパイダー用の
シャーシに、当時としては最先端の流線形ボディを架装した
アルファロメオの高性能モデルとなっている・・・

A3

以前にも確か書いた記憶があるが、敢えてもう一度書くと、
フェラーリ・ディノ246GTと良く似ている・・・

と言うのは、形の狙いは全く違うが、ハンドメイドの如きデザイン
なのに実用性が高いこと・・・

性能的にはさほどでもないが、乗っていて深い味わいがあり、
クルマを降りて"振り返った"時のデザインの良さが感動的なのも、
ディノとよく似ている。

インテリアのデザインと、造りの良さは抜群で、オリジナルな
味付けが、なんとも言えず魅力的だった・・・

コクピットはタイトだけど丁度いい感じで、体を包み込むシートは
スポーツカーとしての雰囲気を、充分醸し出している・・・

長いシフトレバーを操って、当時のアルファ独特のお尻にググッと
くる感触を楽しみながら走っていると、どこまでも走りたくなる・・・!

上質な乗り心地と、DOHCのエンジン音、マフラーから漏れる、
なんとも云えないリズミカルな音質・・・

でも、美術館から抜け出てきたような造形は、実車を前にしないと
良さが解らないかも知れないな~・・・!

僕は今もそうだが、クルマを降りて振り返った時、「ああ美しいな~」
とか「カッコいいな~」と、思えなければ所有する気になれない・・・

ところが、年々そういったクルマは少なくなってしまった・・・!
 
これは僕の勝手な独り言だからあまり気にしないで読んでほしいが、
1年半ほど前に、友人が「AMG・E55」に乗ってきて、
これを買おうと思うのだが、調子を見てほしいからとステアリングを
僕に任せた・・・

暫らく試乗してクルマを降り、少し離れて振り返ったときに決まった!
僕なら”いらない”と・・・。

なぜなら、その頃乗っていた"シャンパンゴールド"の古い「ジャガーXJR」
の方が断然美しいし、味がある・・・

100130_01

僕は年齢的に、低くて、伸びやかなデザインが好きだから余計だろう・・・!

|

« 車お宝話(216)(新)回想録・・・(4) 小排気量車 | トップページ | 車お宝話(218)(新)回想録・・・(6) シトロエン2CV »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

年々、魅力ある車が減りつつあるのは否めないですね。
ここ10年以内に生産されたうちで好きな車といわれても即答できないのが正直なところです。
 もう少し遡れば、チェイサーの最終型とダブルシックスXJ12(シリーズ3)
 もっと遡れば、縦目のベンツのクーペを筆頭に列挙できないほど.....。
 これから先、13年以上前に生産された車を廃車にすることで補助金精度が続けば必然的に古い車は姿を消し今まで以上にどこのメーカーの車かさっぱりわからないような車で溢れかえるのでしょうか?

追伸「奇跡の杖」早速、拝読させていただきました。

投稿: 野村宏一郎 | 2010年1月30日 (土) 22時56分

先日「奇跡の杖」届きました。
有難う御座いました。

投稿: ザクレロ25R | 2010年1月30日 (土) 23時54分

ドイツ車に草木もなびいてる偏重富裕{浮遊かな?}日本人ですが、その対極で粘り強く戦ってるのがフランス車ではないかと思っているんです.....
ナチスにコテンパンにやられビッシー傀儡政権まで作らざるを得なかったフランスですが、一方各地にはレジスタンス運動で命を落とした名もない市民の銘板がアチラこちらにあります。

車文化に目を据えれば、メルセデス筆頭のハイパワードイツ車に世界のどの国も席巻されてはいます、その荒波にc6という僅か3リッターの非力エンジンながらその異型、優雅なデザインとハイドロメカでレジスタンスを続けているフランス車は.....柳に風で逆境に耐えてる印象があります。

昔 普仏戦争というのがありました、この戦争に大勝したプロシャのブッシャーという将軍はパリのパレロワイヤルで部下ともども連日豪遊し、なんとフランスの戦後賠償金を越える散財をしたそうです、戦争では勝ちながら田舎もののブッシャーは華の都の色香に負けた分けで、”文化のある国は最後には勝利を手にする”と誰か皮肉ってました。
プロシャとドイツはほぼ重なる民族、言語も同じ、化石エネルギーが底を突きそうな世の中で600psを純正で出す心根はなんなんでしょう 果たして未来永劫ドイツ車の天下があるのでしょうか?

私も 虚栄心の塊の乗り物になってしまったドイツ車より、雨上がりの琵琶湖に向けて停めた、乳白色ボディのマセラティがすきでした、水滴がつつ~とライムグリーンのリヤーガラスに流れるんですよね。
もっとも”オートバイ”はトルクで押して来るbmwのツインがすきですが。

投稿: aphrodisiaque | 2010年1月31日 (日) 10時52分

たぶんクルマ好きの人は、生い立ちの中で車に対する思い入れが育ったと思うので、無味無臭の新しいものには反応しないのでは・・・と思うのですが!

大陸の地続きからくる他国の影響を受けやすい状況と比べ、
四方を海に取り囲まれた日本人は、変化に弱く、他人と同じものを好む性質から、余程自動車の知識が豊富でなければ、クルマ好きの心理は理解できないでしょう・・・

クルマ好きは外国の知識が詰まった自動車史も知っているし、勉強もしているから・・・

なにか今流行りの、幕末の頃の勤皇の志士に似てますよね~

追伸・・・「奇跡の杖」が無事に届いたので安心しました。

投稿: 富田義一 | 2010年2月 1日 (月) 12時56分

ご無沙汰しております。京都のさわです。
富田さんのブログ、ほんとに内容も写真も素敵なんですよね(^^)
僕は刑事コロンボを録画してみてるんですけど、今日たまたま見たのに出てる車がフェラーリデイトナなんですよ!!もう格好良くて、、、美しくて、、、ため息、、、!!!

ジャガーも本当に素敵ですね。でも、雪道にいけなくちゃあ、ね!!
カレラ4は僕にとっては本当にかわいい相棒です◎

追伸:奇跡の杖、僕の分は残しておいて下さい!(^^)

投稿: さわ | 2010年2月 2日 (火) 00時03分

さわちゃん久し振り~・・・

この前は残念やったけど、でもちょうど今日から根本治療始めるから、上手くいけば来年は行けるね!

まぁそのときは教えを請うよ・・・。

フェラーリデイトナは見てる分には最高やけど、ハンドルとクラッチの重いのには閉口するよ・・!

カレラ4一度見せて・・・追伸の件はOKです。

投稿: 富田義一 | 2010年2月 2日 (火) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/47432180

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(217)(新)回想録・・・(5) ジュリアSS:

« 車お宝話(216)(新)回想録・・・(4) 小排気量車 | トップページ | 車お宝話(218)(新)回想録・・・(6) シトロエン2CV »