« 車お宝話(210)今年お宝話で使った杖になる語録集! | トップページ |  車お宝話(212)懐かしいクルマのしめ縄! »

2010年1月 6日 (水)

車お宝話(211)今年は期待の年になるかもしれない!

         明けましておめでとうございます。

時の流れは早いもので、お宝話も早や足掛け3年目を迎える・・・

その時々好きなように書いては来たが、それでも底辺に流れる
ポリシーだけは見失いたくはないから、悩むことも多々あった!

クルマを好きになり、趣味の壁を飛び越え、人生を共にする相棒
としての半生だったから・・・

クルマを通して、なにかが伝えられればと思いつつ書いてはきたが、
年々クルマの影が小さくなっていく世情には、寂しい想いが募る・・・。

そんな想いで新年を迎え、ハタと気がついた・・・

小さい気持ちで国内だけを見ているから、寂しい想いがするのだと・・・!

海外に目を向ければ、これからは日本の技術が活躍する部分が大きい筈、
と気がついた・・・

発展途上国は当然のこと、シトロエンやルノーから出てくる電気自動車も、
年末に発売予定のアストンマーチン・シグネットも、皆べースは日本製だ!

それに、何にもまして力強いのは、国連が日本のエコカーの安全基準を
世界基準にするということだろう・・・

そう考えれば、日本の自動車メーカーも前途洋洋、これからはチャンスが
出てくると、大いに期待出来る。

過剰品質とユヤされている技術や品質も、途上国の発展を考えれば
これから先が楽しみだ・・・

最先端技術は一朝一夕には実らない、これからは今までの米国のように、
ノウハウを売るビジネスが栄えると思うのだが・・・

それに趣味としてのクルマは、いつまでも車好きの心の中に生き続ける
んだと・・・そう考えると嬉しくなってくる。

やはりモノは考えようで楽しくなったり、つまらなくなったりする。
だから、やっぱりプラス思考で考えないと・・・!

そうそう、新年の挨拶で使った「プラス思考の話」をひとつ・・・

特に変化の時は、自分もドンドンと変化しなくては時代に
付いていけなくなってしまうから、変化しようというお話!

         『 前を向いて歩こう 』

前進し続けること・・・イコール・・・変化し続けること。

立ち止まらずに、人生の駒を前に進めるということは、
変化するということ!

私はこうだからとか・・・私の主義はこうだとか。
変化しない自分になっていませんでしたか・・・?

変化することで、あたらしい自分を発見したり、あたらしい出会いが
あるのです。

もし変化しない自分が少しでもあったら、一度前向きに変化すると、
また新しいものが見えてくると思いますよ・・・!

だから今ある自分は、自分が決めた通りの自分の姿なのです。

今ある自分の姿は、親のせいでも、生まれおちた環境のせいでもない。

自分自身が心に描いた通りの姿が、いまの自分なのです。
だからドンドン変化させて素晴らしい、最高の人生を手に入れて下さい!

積極的な気持ちでプラス思考に行動し、素晴らしく変化してください。

|

« 車お宝話(210)今年お宝話で使った杖になる語録集! | トップページ |  車お宝話(212)懐かしいクルマのしめ縄! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
毎回、氏のブログを楽しく読ませていただいております。前回と今回の語録は非常に心に沁みるものでありました。シンプルでかつ奥深い言葉に新年から深い感銘を受けました。
 昨年は7月以降、私の周囲はいろいろな災難に見舞われたので今年は是非実りのある年にしたいと考えております。
 お身体に気をつけられ、これらからのご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: 野村宏一郎 | 2010年1月 6日 (水) 22時26分

お気遣いありがとうございます。

永い人生色々なことが起きますが、一方的に悪いことばかりではないと思います・・・

例えば僕のように早く両親をなくしても、その分だけ自立心が早く確立され、なにかにつけて有利になりました・・・

だからモノは考えよう、思いようです。

それに気付いたときが、実りある時だと思います!

投稿: 富田義一 | 2010年1月 7日 (木) 15時46分

あけましておめでとうございます。今年もブログを楽しみにさせて頂きます。先月だったと思うのですが、夜のニュース番組か何かで、RX-8をベースにマツダが水素燃料の車を開発していて、他メーカーが1億円かかるところ、1千万円ぐらいで実用できるところまできてるみたいなことをやってました。水素を燃料とした場合、普通のエンジンでは過燃焼をおこしてしまうところ、ロータリーエンジンはまったく問題なくむしろ適したエンジンらしいです。そんな特集を見ていて、日本の技術は決して他の国には負けていないと思うと同時にマツダを応援したくなりました。初めて車のナビを作った人の言葉ですが、「途中であきらめるから失敗なんだ。出来るまで続ければ成功しかない。」みたいな熱い人は昔に比べれば減ったかもしれないけど、それでもそう言う人がいたからこそ、日本の技術はすばらしいんだと思いますよね。

投稿: 圭.夢工場 | 2010年1月 8日 (金) 03時57分

圭さんどうも、本年もよろしく!

・・・そうなんですよ、「夢を諦めない」はその精神なんですよ。

成功するまで執念を燃やせば、なんだって必ずできますから・・・!

僕も大昔にロータリーエンジンを造ったマツダのことを知り、惚れこんでマツダに就職したんだけどな~・・・。

投稿: 富田義一 | 2010年1月 8日 (金) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/47221239

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(211)今年は期待の年になるかもしれない!:

« 車お宝話(210)今年お宝話で使った杖になる語録集! | トップページ |  車お宝話(212)懐かしいクルマのしめ縄! »