« 車お宝話(195)想いでの詰まった分厚いアルバム・・Ⅱ | トップページ | 車お宝話(197)相次ぐ自動車メーカーのF1撤退・・! »

2009年11月 5日 (木)

車お宝話(196)現代の車造りはディノが教えてくれる・・・!

僕の好みだけでなく、この「ディノ」を選んだ理由を単純に言えば、
クルマ好きが求める、三つの要素をすべて持っているからだろう・・・

前回に「僕が扱っていた時の3倍以上はするんだから!」と書いたが、
そこが他のスーパーカーと違うところで、希少価値だけでなく
クルマそのものの魅力が価値を上げているから興味深い・・・!

そこには、今の殆どの自動車メーカーが見失ってしまった車の美学が、
ぎっしりと詰まっていると思うのだ・・・

「このクルマには、所有したいと想わせる何かがある・・・!」
そう、なぜか単に乗りたいんじゃ~なく、所有したくなるクルマ・・・。

あくまで空想の話しだけど、もし仮に僕がクラシックなスーパーカー
を手に入れるとしたら、惑わず「ディノ」の程度のいいヤツを探す
だろうな~・・・

そう思わせるのがディノの魔可不思議なところで、そこの所を僕の記憶
をたどって検証してみようと思うのだが・・・!

それこそ、GMも、フォードも、トヨタも、ホンダも、日産も・・・
世界中の自動車メーカーが、血眼になって捜している、宝探しの、
宝物じゃ~ないだろうか・・・?!

つい先日の日経新聞「交友抄」の欄にも、同様のことが書かれていたから
少し紹介しよう・・・

それは『車お宝話(129)R32GTRとダツン・フェアレディ』に書いた
元米国日産社長・片山豊氏の文筆なのだが・・・
(ぜひ参照を)

現在100歳になられたそうだから、僕がお会いしてからでも20年を優に超す・・・!

それなのに「堅実な自動車づくりと経営とは何か。」ということをしっかりと
書かれているのには頭が下がる・・・

「エコカーは便利だし企業の利益には貢献するが、
 人間の五感で運転する楽しさは乏しい」

「ものづくりへのこだわりが薄れ、経営陣も投資家も、
 足元の損得に目を奪われがちだ。」

まぁ、こんな内容の文章なのだが、まったく僕も同感で、
この「ディノ話」の続きを書こうと思った動機と、ピッタリ一致する・・・。

だから僕が思うに、もうこんなセクシーなクルマは2度とこの世に
出て来ないだろうから、是非とも自分のものにしたい・・・

・・・と、思わせるだけの魅力が、この「ディノ」にはあるのだろう!

:時を経ても色あせない、素晴らしいプロポーション・・・・・

:いつも行動を共にしてくれる、気さくな性格・・・・・

:乗り手をいつも満足させてくれる、官能的なサウンドと性能・・・

そんなクルマ好きが求める3つの要素をすべて持っているんだから、
人気がでないわけがない・・・!

とは云え、当時はフェラーリ社も「フェラーリ」とは認めていなかった
んだから、皮肉なものだが・・・。

このディノの後に、フェラーリ社は、308、348、355とシリーズで出しているが、
現在はこのディノの方が、遙かにプレミアム・カーとなっている・・・

1105

それにしても「3つの要素」の内容は、偶然にも誰もが憧れる女性のことを
書いているようだが、決して偶然ではない・・・

だって殆ど歴史に名を残すクルマは、男性が女性をイメージして造って
いるのだから、むしろ当たり前のこと・・・。

その点は僕もご多分に漏れず、「ZZ」と「ZZⅡ」は小さいながらも、
出来る限りグラマラスなコークボトルラインを追及したんだから・・・!

少し横道にそれたが、それほどクルマにとってのデザインは、
重要な要素だと言える・・・!

いつまで経っても飽きないデザインと、乗り手を飽きさせない極上の乗り味。

そして気負わず、いつも楽しく、気軽に乗れる優しいクルマ・・・

・・・そんなわがままを叶えてくれるクルマがあったら、きっとベストセラー
になると思うのは、だれにでも容易に想像ができる・・・

だけど本能的に人間の五感が求める、三要素を持ったクルマを造ることは、
至難の業だけどね~・・・!

|

« 車お宝話(195)想いでの詰まった分厚いアルバム・・Ⅱ | トップページ | 車お宝話(197)相次ぐ自動車メーカーのF1撤退・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/46682923

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(196)現代の車造りはディノが教えてくれる・・・!:

« 車お宝話(195)想いでの詰まった分厚いアルバム・・Ⅱ | トップページ | 車お宝話(197)相次ぐ自動車メーカーのF1撤退・・! »