« 車お宝話(196)現代の車造りはディノが教えてくれる・・・! | トップページ | 車お宝話(198)加圧トレーニングとピラティス・・・! »

2009年11月 7日 (土)

車お宝話(197)相次ぐ自動車メーカーのF1撤退・・!

本当に何から何まで、最近の自動車を取り巻く環境の変化には
驚かされることばかりだったのに・・・

とうとう「トヨタ」までもがF1完全撤退を宣言してしまった・・・。

永年、自動車業界に身を置いてきた僕とすれば、
ここ数年の出来事は、まさに青天の霹靂のごとき出来事ばかり・・!

それは世界一の大企業と言われた、GMの倒産劇に始まり、
最近では東京モーターショーの信じられないほどの地盤沈下まで・・・。

そして、近年の石油高騰による車離れに拍車を掛けるように、
昨秋のリーマンショックが自動車業界の行く手にとどめを刺したが・・・

ところが、”瓢箪から駒”というか、”不幸中の幸い”と言うのか、
ハイブリッド車が一躍脚光を浴びて、瞬く間にトップスターに・・・!

まぁ、低燃費車にだけ出される補助金が引き金を引いたのだろうが、
今や「低燃費車」でないと売れない環境になってしまった・・・

今回の東京モーターショーでも、省エネカー以外の車種や、
特にモータースポーツ関連の車など、ほとんどマスコミが無視する
ほどなのだと遠耳に聞こえてきたが、強ち嘘ではないのだろうな~と!

「ホンダ」も「トヨタ」も、F1撤退の理由を世界的な不況と、
赤字対策としているが、何かそこにはもうひとつの大きな問題が
あるように僕には思えてくる・・・

今年の6月に社長に就任したばかりの豊田章男氏も、F1撤退会見で、
「私個人としてはモータースポーツを推進し、自動車文化のひとつ
として応援しているが、6月に社長になって立場が変わった。」・・・

無論、表向きは「昨年来の経済危機以降、F1を続けるか続けないかの
議論を続けていたが」・・・

・・・と言っていたが、そこにはなにか釈然としないものを感じる!

そこで僕が思うに、現在の「F1」は、現代の自動車販売にとって、
最早、メリットも、必要性も、ないのではないだろうか・・・

一部のセレブを省き、世界中の殆どのひとが、ハイブリッド車や、
低燃費車にしか興味を示さない今となっては、最早「F1」に
高額の宣伝料や、開発費をつぎ込むメリットはないのだろう・・・

自動車メーカーにしても、F1の開発を通してこのままレシプロの
ガソリンエンジンを、いくら高度にチューニングしても未来の役には
立たないだろうし・・・

それより、そんなお金があれば、もっと直接的にイメージアップする
ところに出資したいだろう・・・!

だから結論としては、「AMG」で成功している「メルセデス」と、
最高級スポーツカーで成功している、フェラーリぐらいにしか
F1を続けているメリットはないと思うのだが・・・

すでにメルセデス社は、そんなことを見越していたかのように、
メルセデスをベースにしたAMG車をペースカーに導入させている!

来年はロータスも復帰するとのことだが、F1に参加するメリット
は大いにあるだろう・・・

だって、手っとり早くフェラーリのイメージに近ずくことができる、
最良で最高の方法なのだから・・・!

これは僕の本当に勝手な独断と、偏見の意見だけど・・・

・・・大量に車を売らなければならない自動車メーカーにとって、
今は自動車文化だの、高性能イメージなどは最早大きな問題ではない!

それより、真後ろに迫りくる中国の方がよほど気になる問題だろう・・・

だから、現在のF1グランプリは大きな曲がり角に来ていると思うのだ。

フェラーリ社は「ここ数年のF1を運営してきた者たちが自動車メーカー
に仕掛けた戦争」だと言っているが、まったくその通りだと思う・・・。

数年前までは、金に任せて勝利を勝ち取ってもメリットはあったが、
今や高級スポーツカーを造っている自動車メーカー以外は
そんなにメリットはないだろう・・・

時遅しだが、そんな渦の中に飲み込まれた、鈴木亜久里が率いた
スーパーアグリ・チームは気の毒としか言いようがない・・・!

|

« 車お宝話(196)現代の車造りはディノが教えてくれる・・・! | トップページ | 車お宝話(198)加圧トレーニングとピラティス・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

富田さんこんにちは。happy01

motorsportsF1の撤退については、ある程度予想されていたことなのでしょうね。gawk
ヨーロッパの伝統的文化であるモータースポーツ界に、極東の島国が参戦することへの憂慮は、このような経営重視・打算的なコマーシャルベースとしてしかF1を見ない日本との、文化の相違だったのでしょう。despair

しかしブリジストンまで撤退とは…sweat02

エコノミックアニマルは、もうF1には美味しい肉は無い、しかも投機の対象にもなら無い、そう判断したのでしょうね。dollardollar
矛先はもうすでにECO業界に…カブりついて骨の髄まですする勢いですね。(ECOというクリーンイメージを被ったオオカミ?aries

そのうち、エコカーが集まって低燃費走行を競うE1?なんかがアジア主体で開催されそう…(そういや昔からそんなレース、やってましたよね?ソーラーカーとか。coldsweats01
今の小学生たちの運動会をみるようです…(みんな一緒にゴ~ル!!cryingcrying

投稿: miyata | 2009年11月 8日 (日) 11時08分

いやいやまったくその通りですがね~・・・!

同感ですがそこまで書きにくかったです。

随分と以前のお宝話にも書いたのですが、大昔にもホンダがF2に勝ちまくって、ぺンペン草も生えないようにしてやめてしまった過去がある・・・

だからF2と言う名前も残っていないんです・・・。

自動車で飯食ってるんだから、自動車全般にもう少し愛情が欲しいですよね~・・・

結局は中国の思う壺ですよ、その点メルセデスは強いね~!

投稿: 富田義一 | 2009年11月 8日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/46699067

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(197)相次ぐ自動車メーカーのF1撤退・・!:

« 車お宝話(196)現代の車造りはディノが教えてくれる・・・! | トップページ | 車お宝話(198)加圧トレーニングとピラティス・・・! »