« 車お宝話(192)コメントをもらうのは本当に嬉しい・・・! | トップページ | 車お宝話(194)想いでの詰まった分厚いアルバム・・! »

2009年10月24日 (土)

車お宝話(193)コメントをもらうのは本当に嬉しい・・2

東京モーターショーのことを書くつもりだったけど、余りの差を感じて、
書くのが気の毒で・・・

・・・もちろん上海モーターショーと比較してのこと。

出展企業数は10分の一ほどで、フランクフルトショーと比較しても
5分の一ほどだから、最早この日本は万事休すの領域に入っている・・。

だからいま世界の自動車業界が注目しているのは、上海モーターショー
とフランクフルトショーしかないのだろう・・・!

当然、中国は今や市場が世界ナンバー1と、中心的な存在だから
仕方がないが、僕のような年代は東京モーターショーがどんどん駆け
上がっていく様をずっと見てきたから、なんとも表現のしようが無い
ほどショックを受けている・・・

生産国としては、まだまだ世界の中で頑張るのだろうが、最早市場は
魅力がないと思われているから、いつまで経っても活気づかないかも
しれないな~・・・と!

上海モーターショーなんか、ポルシェ初の高級サルーン、パナメーラ
を初めとした興味あるクルマが、数多くお披露目されたと言うのに・・・

・・・いったいこの急激な変化は何なのだろうか!

僕の記憶というか、感覚では、ついこの前まで僅差だった筈なのに・・・
・・・でも月並みだが、これが栄枯盛衰というヤツかもしれない!

・・・話題を変えよう・・・

つい最近コメントをもらった中に、僕の友人だった人の息子さんがいる。
その息子さんは自動車関係らしく、情報が豊富で色々と教えてくれる・・・

先日もむかし僕が持っていた思い出深い「ランボルギーニ・イオタ」の情報
を教えてくれたのだが、仲々興味ある内容で、すでにアメリカに渡って
いるというのだ・・・

情報によると、現在はカリフォルニアのBobileffというスーパーカー屋
にあるらしく、在庫表で写真をチェックしたら、なんと新車のように
レストアされていたが、紛れもないワインカラーのイオタ・・・

10241

正式には「1971 Lamborghini Miura SV/ J "Jota"」・・・

10243

シャシー№も、記憶にはっきりと残っている懐かしい番号が記載されて
いたから間違いはない・・・!

さすがは自動車王国アメリカ、希少な車や、値打ちのある車はどんどんと
アメリカに吸い寄せられていく・・・

僕の好きなポルシェ356のクラブなんて、各州に無数にあるし、
356スピードスターも、カブリオレもカレラも、そのどれもが新車の
ようにレストアされているからスゴイ!

10245

値打ちのあるものに、お金を掛ける度合いは桁違いだ・・・

10246

以前にも書いたが、2年ほど前にアメリカの情報誌で発見した
「デイトナ・コブラ」も、同じような経緯でアメリカに渡ったのだろうが、
このクルマも新車のようにレストアされていた・・・

10247

・・・このクルマのオークション価格は何と1億7千万円にもなっていたから、
このワインカラーのイオタもとんでもない価格になっているんだろうな~!

10249

このほか、僕が扱ったもので海外に渡ったものは軽く10台は超える・・・

その中にはランボルギーニやフェラーリのように、欧州から来て欧州に
帰ったものもあるが、シェルビーコブラGT500のように、
アメリカから来て、また母国に里帰りしたクルマもある・・・

やはりアメリカ人は古い車が好きだし、大事にするから仕方がないが、
日本からどんどんと海外に貴重な車が流失してしまうのは寂しい限りだよね~・・・

でも、クルマもこんな風に、どんどんと二極化していくんだろうな~・・・
普段に乗る実用的なエコカーと、趣味で乗るクルマといった具合に・・・!

|

« 車お宝話(192)コメントをもらうのは本当に嬉しい・・・! | トップページ | 車お宝話(194)想いでの詰まった分厚いアルバム・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。はじめまして。タクヤと申します。富田さまのHPを初めて拝見いたしました。私は77年のスーパーカーブーム時は小学生でした。富田様のスーパーカー写真は、当時の雰囲気が良く伝わり感動しています。どれも新車か新車に近い状態で、ディーラー店舗前で撮られている写真は、私にはとてもグッときます。あの当時の雰囲気の中で私もスーパーカーを追いかけていたことを思い出します。現在でも、イベントなどでスーパーカーを目にすることがありますが、やはり小学生時に受けたインパクトの大きさには替えられません。これらの当時の様子がわかる貴重な写真を見せていただきありがとうございました。これからも楽しみに拝見させたいただきます。現在の子供達にもこの素晴らしさが伝わっていくと良いと個人的には希望を持っています。

投稿: タクヤ | 2009年10月25日 (日) 07時23分

それはそれは・・・お役に立てて良かったです!

次回も貴重な写真を掲載予定ですから是非見てください。

投稿: 富田義一 | 2009年10月25日 (日) 22時37分

初めまして、いつも楽しく拝見させて戴いておりますピノと申します。
突然ではありますが、イオタ好きの小生。
コメントさせて戴いた次第にございます。

先日『イオタ白書』なる本を購入し読んでおりましたら『トミタオート車』と小さな写真が一枚掲載され『謎』扱いされておりました。
富田様がブログに画像掲載されました同一車と思われます。

私にはイオタ話しの掲載を待つという楽しみが一つ増えました。
ありがとうございます。

これからもブログを楽しく拝見させて戴きます。
これにて失礼致します。

投稿: PI-NO | 2009年10月26日 (月) 23時56分

そうですかイオタ好きですか・・!

それならカリフォルニアのBobileffのリンクを教えますから見たら面白いですよ http://www.bobileff.com/

この写真と同一車が見られますよ・・・!

投稿: 富田義一 | 2009年10月27日 (火) 11時31分

富田さん、こんにちは。
イオタやコブラ、なんともセクシーな車体ですね。
現代の車が、いかに芸術的要素をなおざりにしているか…セクシーなエコカーを期待します。lovely

先日、ワイルドスピードMAXを嫁と観てきました。carrvcardash
今回は新旧アメ車のオンパレードでした。
1970 Dodge Charger・1972 Ford Gran Torino・マスタングも新旧、お約束のスカイラインGT-Rも。
ズングリムックリのインプレッサは蛇足でしたが…gawk
4作目なんですが、いつもスカッとする映画で毎回嫁と観にいってます。筋書きは薄~っぺらくて、何~も考えてなくって、そこもアメリカンでいいんです♪

秋の夜長に、いかがですか?good

投稿: miyata | 2009年10月27日 (火) 16時54分

ほんと、ほんと、アメリカ映画はそこがいいですね~!

でもこの映画は懐かしいですよ・・・

2作目の時にトミーカイラRZでと話が来たのですが、条件が合わず断ち切れになりましたが!

いいですね~、奥さんもクルマ好きですか・・・!

投稿: 富田義一 | 2009年10月28日 (水) 12時38分

こんにちは!

先日のミウラSV/Jのお話が富田さんのブログになったのを見てとても嬉しくなりました!「ブログにコメントをもらうのは嬉しい!」とおっしゃっていましたが、お気持ちはとても良くわかります。小生も何気なくお話したことがネタになって嬉しい限りです。

実はこのミウラの話に続きがあります。

さっき会社にアメリカから出張でいらしている方と話したところ意外な展開に発展したのでお知らせします。

何とその方はフェラーリ550マラネロ、ロータスヨーロッパ(新車当時から走行4000マイルのみ!)とロータスExigeを持つ筋金入りのエンスージアストで、フェラーリは何とBobileffさん本人から購入したそうです!メンテナンス等は全て彼に任せているそうですが、今度来たら会社から5分ほどのところにあるので案内してくれるといってくれました。(もし富田さんが西海岸にいらっしゃるときはお知らせください!)

更に嬉しいことに富田さんのミウラSV/Jの話をしたところ、もちろんその車を知っており、その車を当時日本に輸入したのはトミーカイラZZを作った富田氏であり、私の父の友人だと話すとまたまた嬉しいことにZZのこともちゃんと知っていました!

世界は広いようで狭いと思わざる得ない体験を久しぶりにしました。

最後に年末に帰省しますのでお時間がございましたがお目にかかれればと思います。

長文になってしまいまったことをお詫びします。

投稿: 明邦商会 | 2009年10月28日 (水) 15時06分

そうですか、それはそれは嬉しいことです。

僕も今年は2回西海岸に行きましたが、数件回った自動車屋さんも皆知ってくれていて、楽しいお話ができましたよ!(お宝話171参照)

やはり日本とアメリカでは自動車に対する想いが全然違いますね~。

僕もアメリカで生まれていたら良かったかも・・・!

年末は30日までやっていますから、良ければトキコクリニックの理事の富田まで!

投稿: 富田義一 | 2009年10月28日 (水) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/46571132

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(193)コメントをもらうのは本当に嬉しい・・2:

« 車お宝話(192)コメントをもらうのは本当に嬉しい・・・! | トップページ | 車お宝話(194)想いでの詰まった分厚いアルバム・・! »