« 車お宝話(156)未来の想像は楽しいもんだ・・・! | トップページ | 車お宝話(158)素晴らしいエクゾーストノート・・・! »

2009年6月17日 (水)

車お宝話(157)凄いチューニングカーが出たもんだ!

   

そうそう、、以前から書こうと思ってた、
「ランサーエボリューションX FQ-400」のことに触れよう・・・

先月の26日のことだが、丁度その頃に「ZZ」が帰ってきたから、
タイミングが合わず、つい後回しになったしまった!

最近はハイブリッド車や、エコカーの話ばかりで、
この発表は、久々に胸の空くニュースだと云えるだろう・・・

でも日本ではなく、何故か英国三菱からのリリースが気に掛かるが!

このランサーエボリューションは、徹底したエンジンチューンにより、
最高出カ403ps、トルク53.5kgm、0-100km/h加速は3.8秒と圧倒的性能!

当然これは歴代ランエボのなかでも、最速のパフォーマンスだが、
従来通り、2リッターに拘って高性能を追及したところが気に入った!

僕が一番したかった仕事は、こんな車を自動車メーカーと組んで、
市場に出すことだった・・・

だからこんな車が、自動車メーカーから出てくることが驚きだ・・!

だけど、どうして英国三菱からのリリースなのだろう・・・??

ここからは、僕のひとりごとだが・・・

「今のご時世に高性能車などとは、一体何を考えてるんだ!」・・・

・・・みたいな、日本独特の横並びの、社会風潮を気にして、
英国三菱からという、消極的な行動をとったのかもしれないと・・!

だって、最近の自動車関連のニュースは、ほとんどが「エコカー」。
だけど、いつもこんなニュースばかりじゃ~、気が沈んでしまう!

でもそうだろう・・・クルマは便利だからと、乗っている人
ばかりではない!

少々ガソリンを喰ったって、趣味として乗ってる人だって・・・
クルマが好きで、大好きで、乗っているひとも大勢いるんだ・・。

それどころか、古いクルマをいたわって、神経すり減らして・・・
なのに嬉しそうな顔して乗ってる人だって、わんさかいるよ・・!

それも元を正せば、最近のクルマが面白くないからだろうが・・・

ところが、今や世界一の自動車王国だというのに、
今の日本は、楽しい車や、高性能な車を造ってはいけない、
見たいな雰囲気になっている・・・

それはマスコミを通じて、毎日過剰なほどに繰り返す情報が
社会的な現象となり、何でもかんでも横並びの考えにしてしまう
からだろう・・・

そのことは、お宝話(150)の「医療用マスクと新型プリウス」
のときにも書いたが、もう少し何とかならないものかと思うのは、
僕だけではないだろう・・。

以前に、外国に住んでいる友人が、「日本の経済は最高だが、
政治とマスコミは新興国以下だね~」って言ってたのを思い出した!

マスコミも偏らないで、もう少し広い心でと思うけどな~・・・
・・でも一極集中的な考えは昔しからだから、仲々直らないよね~!       

それに引きかえ、欧米はほど良く、適当に、モンスターを製造している!

前回紹介した「デヴォンGTX」だって、市販車の世界最速記録を更新する
ことを目標に掲げているんだから・・・。

日産「ニュー・GTR」のエボリューションモデルだって、
もっと一般に、大袈裟にアピールすればいいのに・・・

ドイツのメルセデスも、先進のエコ技術と究極の安全車を追求しながらも、
「AMG」を別の柱として立派に育てているじゃ~ないか・・・!

要するに、自動車の永い歴史を持つ国は、自動車を文化と捉えるし、
そうでない国々は、単なる産業でしかないのだろう・・・       
       
だって、自動車の永い歴史において、モータースポーツが自動車の
発展に大きく寄与したことは、クルマ好きなら誰でも知ってる・・・

それを昨今の燃料高と不況に押されて、潮目が変わったからと云って、
根底から避難するのはおかしいよ!       

景気が良くなれば、きっとまた、潮目は変わるんだから・・・!

|

« 車お宝話(156)未来の想像は楽しいもんだ・・・! | トップページ | 車お宝話(158)素晴らしいエクゾーストノート・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

スーパーカーを出したら非難される云々よりも、
日本で作っても売れないからイギリスで作ったという
ホンダのTYPE-R商法かもしれませんよ。
あと、これからはLF-Aみたいなクルマもでますし、
そんなに悲観的でなくてもいいような気がします。

投稿: tom@ptune | 2009年6月17日 (水) 23時26分

そうですね~!

実は以前からのことですが、僕は英国が羨ましいのかもしれません。

僕の場合もそうだったけど、英国とは温度差があり過ぎる・・・
日本の野球並みに、タバコ屋のおばさんでもレースの話しが出来るんだから・・・

でもこんな車が一日も早く、日本でもまた売れるようにならないと元気がでないですよ!

投稿: 富田義一 | 2009年6月18日 (木) 17時31分

いつも楽しく拝読させていただいてます。

氏の指摘通り、私も全く氏の意見に同感です。

自動車史を振り返ってみても、いつの時代でもスピードを追及することは自動車産業において重要課題のひとつだったと思います。なぜレース活動が開催されているのか?しかもレーサーは命がけで。
その反面「エコ」の認識は大切だと思いますが、マスコミが「エコ」に拘りすぎるあまり、辟易しているのが正直なところです。

投稿: 野村宏一郎 | 2009年6月18日 (木) 20時47分

その通りなんですよね~・・野村さん!
なんでも偏り過ぎなんですよ・・・マスコミさんが!

僕の知る限り、大昔からその様だったと記憶しています。
浅間山荘事件の中継も、オームも、テロのときも、今回のインフルエンザも・・・どこのチャンネルを見ても同じなんだから・・・個性も主張もないんだから!

そんなの見たい人ばかりではないことすら、判らなくなっているのがマスコミ業界・・ちょっと視聴率気にし過ぎだよね~。

投稿: 富田義一 | 2009年6月19日 (金) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/45369027

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(157)凄いチューニングカーが出たもんだ!:

« 車お宝話(156)未来の想像は楽しいもんだ・・・! | トップページ | 車お宝話(158)素晴らしいエクゾーストノート・・・! »