« 車お宝話(155)幻の「ZZⅡ」とは・・・Ⅲ | トップページ | 車お宝話(157)凄いチューニングカーが出たもんだ! »

2009年6月12日 (金)

車お宝話(156)未来の想像は楽しいもんだ・・・!

   

(お知らせ・・・いつも通り水曜日にブログの更新の積りだった
 のに、ココログのログインが変更になって・・・申し訳ない!)
 

では、いつも通りにスタートしよう・・・

これまで、3回にわたって「ZZⅡ」のことを書いてきたが、
実を言うと、僕はまだ一度も走らせたことがない・・・

乗る機会がなかったこともあるが、「ZZⅡ」としての役目が
終わったような気がして、乗り気でなかったのかもしれない・・・

ま~、そんなことはどちらでもいいことだろう・・・
だって、これからは楽しみがいっぱいあるということなのだから・・!

この気持ちは誰しも経験したことのある、納車前の期待と想像が、
入り混じった、あのときと同じだろう・・・。

「ZZⅡ」だけでなく、初代「ZZ」を含め、これまでの経験を生かして
今後どんな風な形で前に進めるのか、考えるだけでもワクワクする!

僕は常々「奇跡の杖」で、「想像力」が夢を叶える原動力になると
推奨してきたから、今日はひとつ面白い想像をして見ようかなと・・・。

そんなことで、今日は僕の楽しい想像にお付き合いを願おう・・・!

と云ってもこの話しは、なんの計画性もないし、具体性もない・・・
まぁ「おとぎ話」のようなものだと思ってほしい・・・。

だけど想像していて楽しいし、また今後なにが起きるかわからない・・・

だって今まで僕がしてきたことは、だいたいこんな事から始った
ことばかりなのだから・・・。

その「おとぎ話」は、米国から8月にデビューする予定の、
まったく新しいスポーツカーのニュースを数日前にネットで、
見つけたからだ・・・!

その記事は・・・この8月にペブルビーチで正式発表される予定の、
デヴォンモーターワークス社が造る「デヴォンGTX」のこと・・・

写真を見ても、仲々おもしろいコンセプトで、クラシック感覚と
未来感覚を、併せ持ったデザインとうたっている・・・

その上、もっと大胆なことに、「デヴォンGTX」はニュルに於いて
市販車の世界最速記録更新を目標に掲げているのだから・・・。

それも来月早々にも、ドイツのニュルブルクリンクで、
タイムアタックを行うという!

もっとも、このデヴォンモーターワークス社は、
現在もルマン24時間や、欧州FIA&GT2世界選手権などに
参戦中のレーシングチーム・・・

速さにかけては現役のチームなのだから、現実味がある・・・

日産自動車も、現行のGTRでニュルブルクリンクの最速記録更新に
躍起になっているらしいが、この企業はスモールカンパニーなのだ・・・

ところがだ、ここからが面白い・・・!

デヴォンモーターワークス社は、大胆にもクライスラーが売却する
「ダッジバイパー」ブランドと、生産工場の取得にすでに名乗りを
上げているのだという・・・

それも買収額はクライスラーに550万ドル(約5億3千万円)という、
どこよりも、最も高いを提示しているらしい・・・

この「デヴォンGTX」のメカニズムは、一切公表されていないが、
バイパーのメカニズムをベースにしている可能性が非常に高い・・

ということは、バイパーの売却先として最有力候補なのだから、
益々、ニュルブルクリンク・最速記録更新にも現実味が出てくる・・・

その上、ブランドと、生産工場も、手に入れることができるのだから、
ビジネスとしての成功度はグッと高くなる・・・

ニュルブルクリンク・市販車最速記録を引っさげた「ニューバイパー」・・
これは、この会社にとって、ものすごいビッグチャンスだと思う!

さぁ~、ここでだ、僕の想像力が膨らんだのは・・・!!

クライスラーやGMには悪いが、彼らにとって100年に一度の不幸が、
こちらにとってはビッグチャンスにもなる・・・

こんな状況でなかったら、5億円どころか・・・
50億円以上の買収額は間違いないだろう・・・!

・・・要は資金調達が柱だろうと・・・。

・・・だってこちらには、充分な経験があるのだから・・・!

だから世の中おもしろい・・・栄枯盛衰が繰り返されることになる!

まぁここから先は、僕が何を考えたか、想像してみてほしい・・・。

参考までに、僕も知らなかったデータを紹介しておこう!

現在のニュルブルクリンクの市販車最速ラップ記録は・・・
シボレー「コルベットZR1」の7分26秒04。

非公式記録としては・・・
バイパー「SRT-10ACR」が7分22秒01・・・。

だからこの話は面白い、非公式でもダントツの世界記録車をベースに、
もっと軽量なボディを手に入れれば、とんでもない記録が手に入る!

・・・な~んて考えているときが、ほんとに楽しい!

|

« 車お宝話(155)幻の「ZZⅡ」とは・・・Ⅲ | トップページ | 車お宝話(157)凄いチューニングカーが出たもんだ! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

ZZⅡ自分も乗ってみたいですよ!
もちろん『助手席』にですが(怖いから

100年に一度の不況は史上最大のチャンスである
この言葉はいろんな社長さんが口にしていたように思えます。

自分も夢の車がほしいですが、いまだに基礎が終わらない・・・非常に奥深くて、難しい!
CADとCAMとCAEがあっても、それを使いこなさなければ車の型すらできない。

車の奥深さを改めて痛感しています><

投稿: あきら | 2009年6月15日 (月) 21時26分

CADも進化してきたから返ってややこしいかも!

でもハンドで書くのも大事だよ・・・。

投稿: 富田義一 | 2009年6月16日 (火) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/45316911

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(156)未来の想像は楽しいもんだ・・・!:

« 車お宝話(155)幻の「ZZⅡ」とは・・・Ⅲ | トップページ | 車お宝話(157)凄いチューニングカーが出たもんだ! »