« 車お宝話(150)医療用マスクと新型プリウス・・・! | トップページ | 車お宝話(152)帰ってきた「ZZ」のプロトタイプ! »

2009年5月23日 (土)

車お宝話(151)アメリカの時代の寵児は本物だ・・・!

 

いや~凄いというか、偉いというか、現代の時代の寵児が
アメリカに現れた・・・

これは過去に、時代の寵児として持て囃された日本の「あの人」
とは随分と中身が違う・・・

・・・中身が虚像ではなく、生粋の自動車メーカーなのだ!

それも、究極の省エネカーを造るメーカーなのだから驚く・・・
・・・と云うより羨やましい限りだ!

なにしろ創業たった6年で、120年の歴史を持つ世界最古の
自動車メーカー・ダイムラーベンツから出資を受けたのだから・・・

それも10%も出資を受ける提携なのだから頭が下がる・・・。

そこまで急成長したのは、EV車分野の草分け企業「テスラ社」。
時代と、変化の、波に乗った自動車メーカーの出現だ・・・!

奇遇にも、時代の波に逆行したGM・クライスラー・フォードの
落ち目の三太郎とは、対称的な出来事だ・・・。

この企業は、'03年に米国のシリコンバレーに設立され、
ベンチャー企業として、EV車を開発・生産・販売している・・・

このテスラ社をダイムラーベンツは「欧米で高速道路を走行できる
性能を備えた、唯一のEV車メーカー」と絶賛している・・・

なにしろEVの維持費は桁違いに安いから、
五感に訴える感性さえ高ければ、向かうところ敵なしだろう・・・

バッテリー交換費用を含めても、ガソリン車やハイブリッド車とは
比較にならない維持費の安さと・・・

わずか45分でチャージできる、440Vの専用充電システムで、
最大500km近くも走れるというのだから・・・

そんな車を少人数の弱小メーカーが現実的に生産しようというのだから、
拍手喝采、痛快この上ない・・・

聞くところによれば、新型プリウスの開発に関わった人員は・・・
・・・2200名とか!

だからこそ、この偉業に心から拍手を送りたいと思うのだ・・・。

このテスラ社の初代ロードスターは、現在までに400台を受注・・・

そして2年後の発売を前に、受注を始めた2代目4ドア・スポーツカー
「モデルS」も、3月末の発表から1か月半で1000台を超えた・・・。

まぁそんなことだから、時代の寵児になりつつあると思うのだ・・・!

それに比べ日本の元寵児らは、偶然にも21日に行われた集団訴訟で、
総額76億円ほどの賠償責任の判決を、東京地裁から受けたばかり・・・

・・・これじゃ~、元時代の寵児といっても、なんとも寂しい限りだ!

いや~、初代ロードスターなんて書くと、ついZZを思い出してしまう・・・!

ちょうど僕も、もうワンチャンス、チャレンジして見たくなってきところ・・・!
だから・・・いい刺激になる。

・・・でも、ほんとにビジネスって難しいものだと思う。

僕だって35年も会社を経営し、ずっとチャレンジ精神を失うことなく
やってきた積りだったが、なにかが足りなかった・・・

それは、開発力、販売力、にもう一つ、時運と言うか・・・
時代の流れが、ピッタリと符合しないと成功しないということだろう・・・!

|

« 車お宝話(150)医療用マスクと新型プリウス・・・! | トップページ | 車お宝話(152)帰ってきた「ZZ」のプロトタイプ! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
東京に着てから忙しすぎてどうにも身動きできませんでしたが、今日は時間が取れたので、ゆっくり見させてもらってます。

テスラのスポーツカーはイギリスの自動車番組
「Top Gear」でボロクソに言われていました。。。
しかしながら、時代のニーズを考えると、やはり電気自動車になるも仕方ないとも思っています。

余談ですが、今日お台場のヒストリーガレージに行ってきました!
目的は「Toyota GT-One」を見るため。
非常に美しく、そしてカッコイイ車でした!
実際にナンバーを取った車があるらしいですが、
それが今どこにあるか非常に気になります。
アンナ車が実際に市販されたら・・・
なんて考えると、当時は良かったなぁ・・・と
やはり、自分にはこう言う車がすきなのかもしれません。
Toyotaさんに譲ってもらって乗り回したいくらいですよ!(冗談

投稿: あきら | 2009年5月24日 (日) 00時04分

お久し振り~・・・!

そうか~、新入学か~。
どこにしたのかな、学校・・・?

テスラが「Top Gear」でボロクソに言われていましたか
ZZの時は「Top Gear」はベタ褒めしてくれて、2回も取材してくれましたよ!

それを聞いて、なぜかホットしたのは???

ま~色々頑張って・・・!

投稿: 富田義一 | 2009年5月25日 (月) 11時28分

LMカーに関しては以下のURLに詳しいです。
当時は1台でも生産されればホモロゲが取得できたみたいですね。

CLK-GTR
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BBCLK-GTR

投稿: tom@ptune | 2009年5月27日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/45101491

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(151)アメリカの時代の寵児は本物だ・・・!:

« 車お宝話(150)医療用マスクと新型プリウス・・・! | トップページ | 車お宝話(152)帰ってきた「ZZ」のプロトタイプ! »