« 車お宝話(136)シトロエンDSと自動車電話! | トップページ | 車お宝話(138)イギリス車のイギリス車たる由縁! »

2009年4月 1日 (水)

車お宝話(137)これからのクルマの楽しみ方・・!

             

最近のニュースを見て、本当に時代は変わって行きつつあると、実感する!
特に自動車分野の変化は顕著で、ニュースソースがぎっしりと詰まっている。

GMやクライスラーのダメージは、まるで、ガソリン喰いの車ばかりを造って
いるイメージがあるからで、最早ハイブリッドか、電気自動車を大量に生産
しない限り、助からないといったイメージを持つのは、僕だけだろうか・・・

だって、盛んにテレビのニュースでも、ホンダのハイブリッド車インサイトが
目標の3倍売れているとか、トヨタと、ホンダのハイブリッド戦争などと囃し
立て、どんどん世界に打って出るというのだから、ついつい、そんな気分に
なってしまう・・・。

そうそう、変化といえば、今年のモーターショーには、GM、クライスラー、
フォードを筆頭にBMWやメルセデスまでもが、東京モーターショーに参加
しないというのだから、事態は深刻だ・・・!

それに比べ、バンコクモーターショーは、昨年で既に東京モーターショーの
入場者数を上回っていたのだから、規模が半減する今年は大きく差がつく
のは仕方がないだろう・・・。

中国やインドもそうだが、今後は新進の大国や途上国でしかモーターショー
は成立しないのかと思ってしまう・・・

最早、日本の国内市場は終わっているのではと、思わせる出来事だが・・・!
でも本当はそうではなくて、これからが本番なのだと僕は思っている・・・。

いよいよ日本も先進国として、本当の意味での成熟した市場を、これから
形成して、ビッグマーケットにステップアップしようとしている時期なのだと・・!

それは最今の消費動向や新しい生活の考え方が大きく変化していることが
要因なのは明白で、昔のように新車が出るたび定期的に車を乗り換えたり、
グレードアップのために乗り換えることなど、すでに激減しているのだから!

最近の「物を買わない」「いらない」「捨てない」などの動向に代表される様に、
多くのモノを欲しがった時代から、これからは本当のサービスを求める時代
に突入すると僕は思うのだ・・・

代表的なモノの一つとして、大手企業の参入が相次ぐ、カーシェアリングは
きっと大きく成長するだろうな~と・・!

でも、このサービス・・・・・とても僕にはついて行けそうもないが!

それに今後とも話題の中心となって行くのは、地球環境や天然資源に対応
する、ハイブリッド車や、電気自動車だろう・・・

でも、それらは生活や仕事に直結した分野でのこと、決して楽しみや趣味が
得意のクルマ達ではない・・・!

だからこの先、当分の間は、趣味性の高い面白い新車など出てこないと思う。
そこで少し想像力を働かせて考えてみたら結構面白い事が頭に浮んで来た!

今後、趣味性のある、楽しいクルマといえば、古いモノに限られてくるだろう!

身近なところでは、お宝話(133)にも書いた、古い車をレストアして楽しむ層
が断然増えると思う・・・

それに、「このレストア屋さん、これまた驚くことに新車の改造までも手掛けて
いる!」と書いたように、これからは新車の状態で楽しいクルマに変身させる、
カスタマイズ・ビジネスも一緒に増えるのでは・・・と!

もちろん、日本にも古くからレストア屋さんがあったのは、良く知るところだが
これからは、もっと欧米並みにレストア業が、増えるだろうと予測する・・・。

そうなれば日本の職人の腕の見せ処で、おそらく世界第一級のレストア技術
が確立され、世界中から古い車が持ち込まれる様になるかも知れない・・・

まぁ、それはオーバーにしても、間違いなく日本のレストア文化に花が咲くとき
が来ると思うのだが、期待し過ぎだろうか・・・?!

もし、身近にそんな所が出来れば、クルマ好きの習性として、ワクワクするし、
楽しいから、毎日でも見に行きたいと思うだろう・・・!

ただ、レストアには新車当時の部品が必要となるから、需要と供給の関係で
一朝一夕という訳には行かないだろう・・・。

その点、欧米のレストア環境はかなり充実していて、結構な部品点数が再生
されているから、安心なのだが・・・。

僕の大好きなポルシェ356など、アメリカの各州にオーナーズクラブがあり、
そのクラブと地元のレストア屋さんが結び付いているから、安心して古い車が
楽しめるという訳だ・・・!

そのうえ部品が充実しているし、なによりシッカリしたマニアルが揃っている
から、益々盛んになるという具合だ・・・!

だから日本でもレストアが盛んになれば、少数多品種の再生部品が出揃う事
になるから、本格的に古いクルマが、いつまでも楽しめる時代が来るだろうと!

|

« 車お宝話(136)シトロエンDSと自動車電話! | トップページ | 車お宝話(138)イギリス車のイギリス車たる由縁! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/44531884

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(137)これからのクルマの楽しみ方・・!:

» 網焼ビフテキ小松屋 カレー店 [おはてんグルメブログ]
2009年を迎えて「おはてんグルメブログ」も第3回目となりました。今回ご紹介するのは、お初天神商店街を入ってすぐ、ちょうど、旧うめだ花月の向かいに位置する「網焼ビフテキ小松屋 カレー店」におうかがいしました。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 17時19分

« 車お宝話(136)シトロエンDSと自動車電話! | トップページ | 車お宝話(138)イギリス車のイギリス車たる由縁! »