« 車お宝話(130)明日からシスコ&ロスへ海外出張!  | トップページ | 車お宝話(132)やっぱりオープンエアーは Los Angeles »

2009年3月 7日 (土)

 車お宝話(131)何か起きそうな・・サンフランシスコの雨の夜!

     

ホテルの部屋から見える、雨で光った暗い路、その少し登り坂に車が点々と止まっている。

032

ぼんやり酒を飲みながら、その上り坂に止まっている車達を、見るとはなしに見ていたら、
止まっているその車達が、僕の生まれよりも古いことに気がついた・・・

一瞬ギョッとしたが、次の瞬間、何とも言えない、ずーと昔の懐かしい気分になってきて、
あの暗黒の禁酒法時代が、目の前に再現されてしまった・・・

薄暗い独立したヘッドライト、うねった波のようなフロントフェンダー、霊柩車の様な
ボディが、間違いなくアンタッチャブル時代だと暗示してくれる・・・

ズダダダダダ・・ズダダダダダ・・パーン、パーン、突然、機関銃の音か・・・

信じられない・・・なんで、どうして~・・・タイムスリップ???

・・・そのとき”ハッと”我に帰った!

夕方から飲み続けている酒のせいか、それとも一瞬、本当にタイムスリップしたのか・・・
古い街並みのそれは、映画で見慣れたシカゴの、あの暗黒の禁酒法時代そのもの・・・!

現実は古い街並みの中で、新しい車達だけが浮いている・・・ぜんぜん似合ってないよ~!

・・・僕の懐古願望が、夢の中で懐かしいシーンを見せてくれたのかも・・・

古い街並みは、何故か京都に通じるものを感じさせる・・・小さな街に走るケーブルカーは、
僕の幼い頃の記憶にある「チンチン電車」そのもの・・・

「チンチン電車」のようなケーブルカーをUターンさせるのも、祇園祭のように、いまだに
人の力だし、自動車以外はみ~んな古き良き時代そのもの・・・

ロスアンゼルスや、ラスベガスしか知らなかった僕には、返って自動車以外の、何もかもが
古いこのサンフランシスコが、えらく気に入ってしまった・・・

それまでの僕は、外国を旅しても、映画を見ても、クルマが中心の感覚だったのだから・・・!

それでもロスアンゼルスやラスベガスと違って、高級車や楽しいクルマなど、皆無のシスコ
だが、見た事のない日本車は、大いに僕の眼を楽しませくれた・・・。

先ずはフロントボンネットがカーボン製の、、ホンダ・アキュラ・RSX-Sだが、この街

022
でみると高級車に見えてしまうから不思議なものだ・・・

014

高級車と言えば、レクサス・IS-Fも仲々迫力があった・・・。

039

一瞬、Zカーかと思ったのがアルティマ25Sだが、リアーの処理が面白いし、フロントも

060
仲々迫力ものだ・・・

059

センスの良いところでは、このミニクパー、僕の好みだが、グリーンのボディに同色のホロ!

061

暗く古い街並みのオシャレな通りで、懐かしの2002に出会えたのは何故か嬉しかった・・!

020

でも本気で欲しくなったのが、このワーゲンバンの片側だけのアウターケースのおもちゃだ、

056
本物より一回り小さいサイズのテイクアウト・バスで、ピザやタコスが買えるのだから、
うれしくなってしまう・・・。

|

« 車お宝話(130)明日からシスコ&ロスへ海外出張!  | トップページ | 車お宝話(132)やっぱりオープンエアーは Los Angeles »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/44267515

この記事へのトラックバック一覧です:  車お宝話(131)何か起きそうな・・サンフランシスコの雨の夜!:

« 車お宝話(130)明日からシスコ&ロスへ海外出張!  | トップページ | 車お宝話(132)やっぱりオープンエアーは Los Angeles »