« 車お宝話(133)やっぱりオープンエアーは Los Angeles Ⅱ | トップページ | 車お宝話(135)古い昔の思い出ばなし・・・! »

2009年3月21日 (土)

車お宝話(134)やっぱりオープンエアーは Los Angeles Ⅲ

   

やっぱり、これだけ天気が安定して良ければ、誰だってオープンカーに乗る
よね~!

日本と違って、屋根が開くクルマは、ほとんどがオープンで乗っているから
見ていても気持ちがいい・・・

03214

勿論、クラシックカーは滅多に見ないけど、でも目を楽しませてくれるクルマ
が多いからブラブラしていても飽きることがない・・・

新しいところでは、アストンマーチン・V8 ヴァンテージロードスターや、

03211
ベントレイ・コンチネンタルGTCなど、かなり走っていたが、やはり圧巻
はロールスロイス・ファントム ドロップヘッドクーペだろう・・・!

03218

メルセデスのSLは、日本と同様に数多く走っているが、皆オープンで乗って
いるから、日本で受けるSLのイメージとは違っている・・・

03216

それに、アウディ・R8が結構多いのにはビックリだ・・・。

03217

やはり、アメリカを代表する自国のスポーツカー、コルベットも台数は多いが、
ほとんどがコンバーチブルだから、日本で見慣れた、いつものコルベットとは
イメージが違う・・・ 

03213                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
その点、サンフランシスコは天気が不安定だったし、それにかなり寒かった
からか、オープンのクルマが少なかったのは日本的だ・・・土地柄だね~!

このサンフランシスコのことを、僕はお宝話131で「古い街並みは、何故か
京都に通じるものを感じさせる」と書いたが・・・

後で聞いたことだがヒーリングスポットが多く、町全体が霊的な感じが強い
所らしく、そう言えば僕自身も陽気な気分には仲々なれなかったように思う!

詳しくは知らないが、そのことと、「ホモ」発祥の地とは、関係があるらしい!

その点、Los Angelesはとにかく陽気な気分になれるから、オープンが気持
いいし、似合うのだろう・・・

そうそう、以前行ったとき数多く見かけた、僕の大好きな、ジャガーXK8の
コンバーチブルを、余り見かけなかったけど、偶然かな~・・・!

03219

新しいタイプのXK8は見かけたけど、まったく僕の好みに合わない・・・
乗るとすごくいいのは知ってるけど、やはりクルマは見た目が一番大事だと!

だからアストンマーチン・ヴァンテージも、DB9もあまり好きにはなれないが、
DB7ヴォランテや、V12ヴァンキッシュはボリュームがあって飽きない・・・

どうも僕はこのボリュームあるデザインの、古いクルマを好むらしい・・・。
年々、丸いボリュームあるデザインのクルマが少なくなっていくのが寂しい!

少ないと言えば、あのドデカイ、ピックアップのアメ車が少なかったのには

03215
世情を感じたが、反対にプリウスの多さは特筆ものだ・・・

03212

この写真、プリウスの後ろに移っている建物が、映画「プレティ・ウーマン」や、
「ビバリーヒルズカップ」で刑事役のエディ・マーフィーが宿泊した、超有名な
ビバリーウィルシャーホテル(Beverly Wilshire hotel)・・・。

Mr,金古のクルマであちこちまわってホテルに帰ってきたら、何と左ハンドルの
日産「GTR」が高級車に交じって、ホテルの正面玄関に鎮座している・・・

032110

このスペースに日産「GTR」が置いてあるのは、ステータスがある証拠なのだ!

多分、並行輸入車だと思うのだが、アメリカでもスーパーカー並みに人気がある
らしい・・・

そう言えば以前に、映画「ワイルドスピード」で走っていたGTRの改造屋さんが、
トミーカイラ「RZ」にひどく熱心だったのを思い出した・・・。

|

« 車お宝話(133)やっぱりオープンエアーは Los Angeles Ⅱ | トップページ | 車お宝話(135)古い昔の思い出ばなし・・・! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

最近からこのブログを拝見させて楽しみにさせて頂いています。京都生まれの京と育ちで昔の北野にお店(トミタオート)が有った時チョクチョク覗いていました。私がマツダのカペラロータリーを乗っていた時ですから1978年頃かと思います。お店の中には真紅のディノ246が置いてありました。プライスが700万だったと記憶しています。ディノからカペラに目を移すと余りにもデザインがちゃちで乗って帰るのがイヤになりました。いつかはフェラーリ、と思って生きてきましたが60歳を超えても手が届きそうにもありません。富田さんの記事と写真を楽しませていただきます。

投稿: 廉屋皓三 | 2009年3月21日 (土) 19時48分

スポーツカーがいっぱい・・・

>アストンマーチン・V8 ヴァンテージロードスター
アストンは大人な雰囲気を出していますよねー
ボンドカーになるのも頷けると思います。
何より、ボンドカーで存在を知ったんですけどね・・・(笑

>ロールスロイス・ファントム ドロップヘッドクーペ
こんな車がロールスロイスにあったのか!?
とびっくりしました(笑
カクカクしたのも意外に好きですが
これは珍しい・・・

>メルセデスSL
オープンカーはあまり見ない印象ですね。
SLKならクローズにして走ってるのを良く見るのですが

>アウディ R8
前の日記にもありましたねー・・・
人気なのは
ルマンで優勝したから?
アイアンマンの主人公が乗るから?
なぞですが・・・うらやましいですね・・・

>コルベット
コンパーチブルは見たこと無いですね・・・
むしろ、C5系のコルベットを見たことがありません・・・

>ジャガーXK8
ジャガーはXJRシリーズしか解らないです・・・
ルマンで走ってたときの印象とは、ずいぶんかけ離れたデザインですね・・・

>世情を感じたが、反対にプリウスの多さは特筆ものだ・・・
情勢が不安定な南米で採掘して、船で重油を使い、中国でバッテリーになって日本でやっと組みあがる
・・・ぜんぜんエコじゃないと思うのは僕だけでしょうかね・・・?
出会い頭に引き飛ばされた経験もあるプリウスに
どうもいい感情ができません・・・・
水素エンジン自動車をもっと早く世界的に普及させて欲しいものです・・・

>GT-R
新型はあまり好きではないですね・・・
今までの少し無理したら買える路線から
『ぶるじょあ』しか買えないような値段になって・・・
しかし、どちらかというとスポーツカー然とした佇まい
個人的には吹っかけているのでは?
と思ってしまったり・・・

話題変わりますが、日本車で言えば、現在市販されているスーパーカーは『紫電』みたいです。
あのグラチャンで有名な『紫電77』のフルモデルチェンジ版です。
いつかサンフランシスコで走ってる姿が見れるのでしょうか・・・?(笑

WBCは韓国が決勝に行きました。
日本が勝てば日韓戦
・・・少し先が思いやられますが、頑張って欲しいものです世情を感じたが、反対にプリウスの多さは特筆ものだ・・・happy02

投稿: あきら | 2009年3月22日 (日) 15時29分

初めまして 廉屋皓三さん!・・・そうですか、京都生まれの京と育ちですか!

早いものですね~、月日の経つのは、僕も同じような歳ですが毎日頑張って充実していますよ・・・

お互いこれからの人生を色んな意味で豊にしましょう。

これからもよろしく!

投稿: 富田義一 | 2009年3月23日 (月) 11時45分

アストンマーチンヴァンテージのロードスター.....シスコの空気に実に合っているのと同時に、同車をクラスAモーターホームの後ろに牽引してアメリカ中を回る豪勢な人種が存在することが予感され、ドラマを感じさせてくれますね。
実際、富田さんもご存知かと思いますがアメリカでははとバスほども大きいモーターホームの後ろに足がわりの乗用車を牽引しているケースを腐るほど見かけ、中でもそんなクラスAモーターホームで日産GT-Rや同スカイライン370GTを引っ張っている姿など視覚的に最高に決まっていると思いましたが如何でしょうか。

投稿: 真鍋清 | 2012年4月24日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/44419930

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(134)やっぱりオープンエアーは Los Angeles Ⅲ:

« 車お宝話(133)やっぱりオープンエアーは Los Angeles Ⅱ | トップページ | 車お宝話(135)古い昔の思い出ばなし・・・! »