« 車お宝話(128)レンタカーで走る海岸沿いの山陰道! | トップページ | 車お宝話(130)明日からシスコ&ロスへ海外出張!  »

2009年2月28日 (土)

車お宝話(129)R32GTRとダツン・フェアレディ

         

そうそう、山陰の旅で、R32のGTRに出くわしたが、なかなか大迫力の
改造車で、かなり後方からチラッと見た時は、現行のGTRに見えたほど!

近づいて、やっと正体が判明したが、かなりのオーバーフェンダー仕様
で、黒いR32・GTRだったが、現行モデルより小さい分、この方が好感
が持てる!

15年以上も経つと云うのに、結構新鮮な趣で、仲々巧い改造がされて
いたし、フィニッシュ・レベルも高かったから、ヒョットしたらワンオフかも!

元々このR32のデザインは評判も良く、その上、この時のデザイン主幹
が京都出身の友人だったから、結構、僕も好きだった・・・。

この主幹君、ノーマルのR32に、トミーカイラのホイールとステアリングを
付けて、随分と永く乗っていたが、多分、今でも乗っているんだろうな~!

そんなことで、1992年の「STORY OF TOMMYKAIRA」に話を戻そう・・・!

やはり、なんと云っても、16年振りの「GTR」復活が、印象的なR32・・・

このR32のデザインは、GTRの復活に相応しく、肥大化し過ぎたそれ迄
のスカイラインからは、かなりサイズダウンされ、当時は高い評価を得た。

今でも歴代のスカイラインの中では極めてデザインの評価が高い・・・

そうそう今思い出したが、前出の主幹君も自信作だからいつまでも乗って
いたいと、言っていたな~・・・!

現行のGTRも、ターゲットをフェラーリに置いているが、この時のGTRも
独特の4輪駆動システムによって、フェラーリよりもポテンシャルが高いと
高く評価されていたのを思い出す・・・。

おそらく、このGTRが世界のクルマ好きに、「NISSAN」の名を知らしめた
最初のクルマだろう・・・

1981年以前は「DATSAN」として、アメリカでは「ダツン」、ヨーロッパでは
「ダッツン」として親しまれてきた時期が、永かったのだから仕方がないが!

それまで、「ダットサン」として世界に名を馳せたクルマは、なんと言っても
「フェアレディ」だろう・・・

特にアメリカでの「Z」人気はもの凄く、この功績は、米国日産・初代社長
片山豊氏によるもの・・・

今ではフェアレディZの生みの親として、米国自動車殿堂入りしているが、
「ミスター・K」として今でも親しまれている・・・。

当初米国日産の営業マンとしてロスアンゼルスに赴任、飛び込みセールス
で販路を広げ、「ダットサン」の名を一躍有名に・・・

だからエンジニア以外での殿堂入りはめったにない稀な事、今でも愛好家
からは「Z-CARの父」として各国のファンの間では神格化されている!

この片山氏とは、20年ほど前にロスアンゼルスの高台にある眺望絶景の
自宅に招待され、お会いしたことがある・・・

レースにも精通され、その人柄に感銘を受けたのを良く憶えている・・・。

いま思えばこのときに、日本人でも海外で認められると、教えてもらった
気がする・・・!

R32GTRに話を戻すが、以前のお宝話(79)嵐山・嵐亭「M30発表会」
に・・・この時期、日産自動車からGTRベースの開発許可が下りず、全く
違う路線でこの「M30」を仕立てようと考えていたのだ・・・と書いた。

それがこの「R32GTR」なのだが、当時の日産自動車としてはシンボル
のGTRを、そう簡単に「タネ車」として供給してくれなかった・・・

それでも躾濃く食い下がる僕に屈したのか、それともモデルチェンジ半ば
に差し掛かったからか・・・多分、後者だろうが・・・

発売から2年近く経って、とうとう開発許可が降りたという訳だが、性能
を大きく変更することには、釘を刺されていた・・・

「トミーカイラR」は、当初、確か350馬力で発表したと記憶しているが・・・!

02281_2

この事が返って良かったと後から気がつくのだが、馬力アップがダメなら、
ブレーキや、足回りの性能をもっと、と考えた・・・

02282_2

それに2代目「M30」なんか、開発許可が降りなかったからこそ世に出た
モデルの代表格なのだから・・・!

02283_2

その時ダメでも、形を変えてでも、チャレンジはするものだと思う・・・・・!

そうそう、いま作っている新しい「奇跡の杖」にもそっくりな事が書いてある
ので紹介しよう・・・

「損をしたと思っていても、結果として得することがある。」
「逆に得だと思っていても、大きな損につながっていくことも大いにある。」と!

新しい「奇跡の杖」は本格的に製本し、多少だがボリュームアップしてもうすぐ
出来上がる事になっている・・・

今度は、いつでも持ち歩けるように、手帳サイズとし、紙質も良いものにして、
デザインも一新、仲々いいものが出来ると思う・・・!

|

« 車お宝話(128)レンタカーで走る海岸沿いの山陰道! | トップページ | 車お宝話(130)明日からシスコ&ロスへ海外出張!  »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/44202693

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(129)R32GTRとダツン・フェアレディ:

« 車お宝話(128)レンタカーで走る海岸沿いの山陰道! | トップページ | 車お宝話(130)明日からシスコ&ロスへ海外出張!  »