« 車お宝話(124)ちょっと満足・ちょっと自慢! | トップページ | 車お宝話(126)'92年・夢工場の東京支店がオープン! »

2009年2月14日 (土)

車お宝話(125)太陽と風と土壌で走る自動車時代!

       

オバマ大統領の就任演説、翻訳全文が手に入ったので読んで見たが、いよいよ
新しい世界が本当に始まるのだと、ひしひしと感じてしまった・・・。

それは自動車の分野においても画期的な変化が起きると予想できる内容だった!

昨年暮の金融異変から起こった、100年に一度と言われる、未曾有の大不況が、
結果的に新時代幕開けの引き金になったのだから、皮肉なことだ・・・

丁度100年前の1908年にゼネラル・モーターズが誕生し、フォードも量産車の
先駆け、「T型フォード」を発売したのだから、まさに神がかりとしか云い様がない、
新しい時代の幕開けと言えるだろう・・・

奇遇なのか、神の悪戯なのか、こんなに計った様に100年の節目で変化を必要
としている自動車分野は、一体どんな風に変わって行くのだろう・・・??

そんな未来を想像するだけでも、興味津々なのだが、ちょっぴり寂しい気持ちに
なるのはなぜだろう・・・

先が読めないからか、それとも自分が歩いて来た道が、否定されるからだろうか!

演説の中に「太陽、風や土壌を利用して自動車を動かし、工場を動かす」とある。
想像するに、電気・水素・エタノールなどで動かすという事なのかと思うのだが・・!

ところが僕の場合、困ったことにハイブリッドでさえ、余り馴染めないのだから一体
どうすれば、次世代の自動車を楽しむことができるのか、想像すらできない!

今までに何度も電気自動車にも乗ったし、随分と前の話だが、リニアモーターカー
委員会にも所属し、経済同友会の視察で体験試乗した経験もあるのだが・・・

加速もいいし、スピードが出るのも知っている・・・。

でも、何か物足りなさを感じるのは、多分、音が五感を刺激しないからだろう・・・!

僕が育ってきたクルマの世界は、吸入、圧縮、爆発、排気、を繰り返す内燃機だ。
そんな郷愁があるからだろう・・・音質にこだわるのは・・・!

まぁそれでも、そんなに性急に心配しなくても、この広い世界が一度に変わる訳
ではないのだから、むしろ変化を楽しむべきかも知れないが・・・

そう思うと急に興味が湧いてきて、いい時代に参加できたものだと思ってしまう!

これまでの「車と石油の20世紀」が終わり、これから先は「脱石油の21世紀」が、
まさに今からスタートするのだから・・・

未知への挑戦や、新しい技術は、困っているからこそ考え、それを人間の想像力
が可能にするのだから、やはり、この100年に一度の大恐慌は自然界が発する
危険信号なのだと・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「奇跡の杖」より・・・(想像は全てを創るエネルギー)を一部紹介しよう!

想像力は、人間のみが持つ、最大かつ最高のエネルギー。
地球にある自然が創り出したもの以外は、その全て人間が持つ
想像力によって、創られたもの以外は一切ない。
車も家もビルも、電話も電気も、トイレもトイレットペーパーも!

だから、人間にとって想像力はもっとも高貴で大切なものであり、
この上なく素晴らしいものなのである。
想像力が、文明や経済や文化、そして地球上の全てを発展させ、
一方で地球環境を破壊している現状には、ことのほか悲しみを感じる。

今後ますます、心を清く正しくして、美しく想像することが人間に
求められ、ますます重要なことになっていくに違いない。人生を
素晴らしいものにするもしないも、想像力の正しい使い方が最も
重要だといえる。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話を戻すが、今朝仕事場に向かう途中で「AMG・CLK/DTM」に出会ったの
だが、やっぱりいいよね~・・・タダならぬ・・あの雰囲気・・。

なんとも言えない、”あの排気音”と、”オーバーフェンダー”が醸し出す雰囲気
には、クルマ好きを虜にする何かがあると思うのだ・・・!

だから、やっぱり当分は自分が歩いて来た道を大事にして、今までのクルマを
大切にしようと決めた・・・!

|

« 車お宝話(124)ちょっと満足・ちょっと自慢! | トップページ | 車お宝話(126)'92年・夢工場の東京支店がオープン! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

まあ、あれです。

蒸気の19世紀もあったわけですよ。

投稿: tom@ptune | 2009年2月14日 (土) 20時15分

AMG・CLK/DTM
そんな車が見れるとは!
岡山ではフェラーリ360が限界です。。。
しかし、日本の車が仮にすべて電気自動車になった場合
夏場の東京は大停電が発生するのでは?
という疑念を持っています。
そして、現在の発電も大部分が火力発電。

それに、バイオエタノールも発がん性物質があるとか
調べていたら唱えている人がいました。

僕も内燃機関大好きですから(ロータリーもボクスターも)、BMWやマツダが研究している水素燃焼式機関をいち早く実用して欲しいですね(笑

もしかしたら近い将来、ガソリンスタンドに置かれているものが
『液体水素』
『圧縮水素』
『コンセント』

こんな組み合わせにでもなっているのでしょうか(笑


P.S.
最近物欲がさらに大きくなってしまったような・・・
必要な欲なら良いでしょうけど、少々自分でも
どうにか絞めなければと思い込んでしまいます・・・
某MAZ社の会長に手紙書きたい!
なんて無謀なことも考えてしまいます。

確かに、今あるもので満足せず、自身の考えるイマジネーションでおける『物作り』というのが、自分の到達点だと確信はしています。
だけど、このような欲求までも生まれてしまう。
この欲求との戦いは、当分続きそうです・・・

投稿: あきら | 2009年2月15日 (日) 00時02分

そうですよね!・・・たかだか100年前後の人生での変化ですからね~、でもいい時代に生まれたと思っていますけど・・・。

そうですか、岡山ですか・・!
今週末から、父方の里の鳥取と、島根県を回ってきますよ。
クルマの予定だから岡山回りです、でも少し雪の事が心配だけど・・・。

投稿: 富田義一 | 2009年2月16日 (月) 12時14分

こんにちは。
car冬の米子道、お気をつけて…coldsweats02

ここは無難に特急やくもに揺られてぶらり旅とかも…やっぱりナイですよね。あの振り子電車は…coldsweats01

投稿: miyata | 2009年2月17日 (火) 12時35分

ありがとう・・miyata さん!

毎日、天気予報見て楽しんでますよ・・・。

雪のジャガーは世界一ダメな車らしいですから・・・

息子と3人で墓参りと、先祖に縁があった出雲大社にと思っているのですが・・・!

投稿: 富田義一 | 2009年2月17日 (火) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/44059375

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(125)太陽と風と土壌で走る自動車時代!:

« 車お宝話(124)ちょっと満足・ちょっと自慢! | トップページ | 車お宝話(126)'92年・夢工場の東京支店がオープン! »