« 車お宝話(119)日本初350馬力モデル「M30Z」・Ⅱ | トップページ | 車お宝話(121)チューニングカーの起源か? »

2009年1月24日 (土)

車お宝話(120)オバマ大統領の凄いリムジン!

        

このリムジンの事を最初に知ったのは、ネットでオバマ大統領のニュース
を見た時だったが、その強烈な印象には、ただただ驚くばかりだったが・・・

本当かどうかは知らないが、何しろドアガラスの厚みだけでも12センチも
あると書いてあったから、さぞやあちこち、トンデモナイ細工がしてあるに
違いないと思っていたのだが・・・

テレビでパレードの様子を見て、またまたビックリしてしまった・・・!

一体この大きさはなんなのだ、車を降りて横を歩いているオバマ大統領と、
このリムジンの対比は余りにも異常だ・・・

ネットで写真を見たときは、キャデラックに見えたが、テレビで動いている
姿を見て、その桁違いの大きさに思わず戦車を連想してしまった・・・!

と云うより、やっぱり戦車!・・・クルマの形をした戦車だろうな~・・。

外車屋時代に一度だけ防弾ガラス入りのリムジンを扱ったが、そのときの
ドアガラスの厚みは1.2センチだったが、それでも肝を潰した位だから、
その10倍もある防弾ガラス車には脱帽するしかない・・・

今迄、スポーツカーの事ばかりで、リムジンの事は一度も書いていないが、
実は結構ショーファードリブンのリムジンには目がない方で大好きなのだ!

もともとクルマなら何でも好きな僕だから、当然の事だが・・・

残念ながら、未だ持ってショーファードリブンのリムジンを持つ身分には
なれないが、これも男のロマン、出来れば実現させたいと思っている・・・!

リムジンに興味を持ったのは、遡ること30年ほども前のこと・・・

スーパーカー時代に下取り車として、メルセデス600リムジンが入った

01231
ことが切っ掛けで大いに刺激され、一時はリムジンに傾倒したこともある
ほどだ・・・!

こんな思い出がある・・・このメルセデス600リムジンに友人と交代で、
一方が運転手、一方がリアシートのVIP役で、京都の目抜き通りをバカ
見たいに走り回っていたことがある・・・

そのうえ、この時は単に運転するだけではない、本格的に制服と、白手袋、
帽子までもかぶって仮装したものだから、ホテルに横付けした時なんぞは
とんでもなく丁重な扱いを受けてしまい、こちらの方がタジタジだったが!

01232

それでもこの面白さが病みつきになり、暫くは交代であちこちのホテルを
訪問させて頂いた・・・。

01233

何のことはない、外に偽物の運転手を待たせて、お茶を飲むだけなのだが!

その頃だったかな~?・・・ロールスロイスに興味を持ったのは・・・!

01234

造りのいいコノリーレザー、分厚い極上のシートに身を沈め、鏡のように

01237
磨きこまれたウォールナットに囲まれたインテリア・・・

01238

この優雅な居心地は、誰でも一度知ったら止められないだろう・・・!

スポーツカーとは全く違う別世界に誘ってくれる、このリムジンの魅力は、
乗った者にしか分からないだろうが・・・

たかがクルマ、されどクルマ・・・こんなにも乗っているクルマによって、
相手の見方や、出方が違うものかと・・・

人間社会の複雑で、面白いところを、このリムジンに教えてもらった・・・!

やはりリムジンの魅力は、人が余り乗っていない、希少なクルマに限ると
思うが、なかでも思い出深いのが、メルセデス450SEL6.9ルムジン!

外観は普通のメルセデス450SELなのだが、前の席と後部座席の間を
パーテーションで仕切ってあるリムジンタイプのインテリアで、エンジン
が6900ccの超強力な奴なのだ・・・

当時ヤナセ仕様は450SELがトップモデルで、この450SEL6.9

01235
はトミタオートが最初に輸入し、雑誌に紹介したことからヒットモデルと
なったのだが・・・(この話は別の機会に詳しく紹介しようと思っている)

01236

そのなかでも、このパーテーションモデルは特に希少なモデルで、現地で
見つけて一目惚れしてしまった・・・

どこに惚れたかと云うと、スポーツカーにも負けない、ハイパワーと走り、
それでいながら、外観は普通のメルセデス450SEL6.9、なのに室内
はパーテーション付きショーファードリブン・リムジン・・・

だからオーナーカーとしても、ショーファードリブンのリムジンとしても、
どちらの面でも第一級のクルマとして満足できる、珍しいタイプ・・・!

最近の話だが、永く忘れていた、このショーファードリブンのリムジンに
久々に乗る機会があった・・・

東京でクルマ好きのVIPに、アンチエイジングの事で知り合いになった。

食事に誘われたのだが、スポーツカーを何台もお持ちでクルマの話で盛り
上がったのだが、ケタ違いのクルマばかりで羨ましい限り・・・

食事も終わって、それではもう一軒飲みに行こうかと表に出たら、なんと
マイバッハ67が店の前に鎮座しているではないか・・・

さっきまで、マイバッハの"ハ"も話に出てこなかった癖に・・・!

天井は日本の障子を想わせ、超広い空間にユッタリとしたリクライニング
シート、ずっと向こうにワンタッチでスモークガラスになるパーテーション。

このマイバッハ67のリヤーシートの優雅さは、なんとも言えない・・・

これ以上ないチョイスだろう・・・マイバッハ67とブガッティ達なら・・!

追伸・・目標の120回になりました、勝手していたトラックバックを受け付ける

     ことにしました・・・今後ともよろしくです。

     

|

« 車お宝話(119)日本初350馬力モデル「M30Z」・Ⅱ | トップページ | 車お宝話(121)チューニングカーの起源か? »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝読させていただいてます。
 オバマ大統領の専用リムジンは地雷を踏んでも大丈夫みたいですよ。アメリカの軍事技術は世界の最先端を行っているのでしょうか? 経営難のビッグ3が”地雷を踏んでも大丈夫な燃料電池のクルマ”を開発するとノーベル賞間違いなし?と思うのは自分だけかな(笑)
 ところで6.9のパーテーションつきのモデルは初めて知りました。560SELのパーテーションつきのモデルのサイトがあるのでよかったらアクセスしてみてください。

http://suchen.mobile.de/fahrzeuge/showDetails.html?id=50272190&__lp=3&scopeId=C&sortOption.sortBy=specifics.firstRegistration&sortOption.sortOrder=ASCENDING&makeModelVariant1.makeId=17200&makeModelVariant1.searchInFreetext=false&makeModelVariant2.searchInFreetext=false&makeModelVariant3.searchInFreetext=false&vehicleCategory=Car&segment=Car&minFirstRegistrationDate=1985-01-01&maxFirstRegistrationDate=1992-12-31&siteId=GERMANY&negativeFeatures=EXPORT&damageUnrepaired=NO_DAMAGE_UNREPAIRED&export=NO_EXPORT&maxMileage=50000&customerIdsAsString=&categories=Limousine&lang=en&pageNumber=1

本来はVIPのプライバシーや安全を確保する目的なのだが、後ろからゴチャゴチャ言われるのが嫌なドライバーにとっては、本当に欲しい1台かも.....。

投稿: 野村宏一郎 | 2009年1月25日 (日) 01時49分

そうらしいですね~!オバマ大統領の専用リムジンはロケット弾にも影響を受けないために窓ガラスが12センチにもなったとか・・・。

投稿: 富田義一 | 2009年1月26日 (月) 12時02分

確か・・・

ロケット弾を跳ね返す
機関銃の弾を寄せ付けない
オバマ大統領専用の輸血用血液を冷凍保存
豪華なオーディオ
催涙弾発車装置
拳銃倉庫

等など・・・軽く『動く武器庫』状態なんですね。
そうでもしないと身を守れない
銃社会というのが、少し日本とは違う雰囲気を出しているようにも感じました。

投稿: あきら | 2009年2月10日 (火) 18時52分

1962-63年頃の丸目二灯のロールスロイス・シルバークラウドが目を惹きますね。
写真の背後にある「軽トラは二代目スバルサンバー」や黒のハコスカなど、1970年代初頭の日本の風物を如実に見せている中、ロールスのみひときわ俗世間から遊離した存在感を見せつつ、それでいて決して浮いていないあたりコンテンポラリーなものが持つ静かな強さではないでしょうか。
さて、オバマ大統領のリムジンはGM製中型トラック=GMCトップキック(日本で言う5-6トンクラスのトラック)のシャーシーをベースにありとあらゆる防弾設備をてんこ盛り、リムジンこそ各国の国情が現れるものではないでしょうか。

投稿: 真鍋清 | 2012年1月 6日 (金) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/43842437

この記事へのトラックバック一覧です: 車お宝話(120)オバマ大統領の凄いリムジン!:

« 車お宝話(119)日本初350馬力モデル「M30Z」・Ⅱ | トップページ | 車お宝話(121)チューニングカーの起源か? »