« 車お宝話(祝・100) 振り返って思うこと! | トップページ | 車お宝話(102)「マハラジャ・六本木」にショールームが! »

2008年11月 8日 (土)

車お宝話(101)STORY OF TOMMYKAIRA・1987年~!

  

気持ちを新たに、「STORY OF TOMMYKAIRA」のタイトルで、開発車の
動機やエピソードを、1987年から順に、僕が憶えている範囲で書いて

11041_2

行く事にする・・・!

11042

この1年間、結構なスピードで走ってきたように思う、言い足りないこと、
書き足りないことが多かった、それにもう少し横道に反れた方が楽しい
話ができるのにと・・・

だから新しい1回目からは、全体的にもう少し掘り下げて書いていこうと、
思っているのだが・・・・・

1987年最初に手掛けたのは他でもない、輸入車べースの「M19」で、
メルセデスベンツ190Eをチューニングカーに仕立て上げたものだった。

11051

実はこの「M19」を造る何年も前から、チューニングカーを造っていた
事をご存じだろうか・・・?

それには「TOMMYKAIRA」以外に「HARTGE」に触れない訳にはいかない。

それは当時、別会社としてハルトゲジャパンを運営していた事によるもの
で、大ヒットした、「HARTGE・H18」などは、現地でしか手に入らない、
BMW318のキャブレター仕様をベースに使ったジャパン・オリジナル!

11052

ハルトゲ・ブランドが全盛の頃で「ディスコ・マハラジャ」の六本木・本店に、
ショールームを併設したのも、この時期だった。
(この話は横道にそれたいので、この次にでも・・・)

その頃、同時に国産車を使ったドレスアップカーも、数々手がけていた・・

11054

それは僕の戦略で、最初から自前の国産ブランドでは到底理解されない

11055
時代だと思っていたから、国産車と海外ブランドの融合をと、考えたのだ。

11056

正直この時期、既に僕の頭の中で、「TOMMYKAIRA」の名称は決定して
いたが、気恥ずかしくて、暫く誰にも話さなかった・・・!

当時、特に自動車を取り巻く環境は欧米が主流で、日本車の中で世界に
通用する高品質な、高性能車など、皆無に等しかった・・・・・

この事は、チューニングカーにとって最も大事な要素だから、ベースとなる
車の性能や品質が育つまで、まだまだベース車に相応しいクルマを、待た
なければならない時期だった!

その頃のシンボルカーは、メルセデス・ベンツやBMWが主流だったから、
それらの高性能な車をベースに使った、「AMG」や「HARTGE」といった
ブランドで先鞭をつけ、徐々に日本国内にチューニングカーを浸透させる
作戦だった・・・!

だってその頃に第一線で活躍していた輸入業者でさえ、チューニングカー
のことを、暴走族のクルマぐらいにしか思っていなかったから、「AMG」や
「HARTGE」など、まったく誰も知らないブランドだった。

だから「AMG」でノウハウを身につけ、「HARTGE」を実際に造って販売し、
その反響と成果を将来に結び付けたかったのだ・・・・・

そんな戦略だったから、自然な形でハルトゲから、トミーカイラ・ブランドに
移行させるために、サイドストライプを共通にして、ホイールで違いを出し
たのだが、この戦略は結構成功したと思う。

一方で輸入車を販売しながら徐々にチューニングカーの色を濃くして行き、
時間を掛けて「HARTGE」ブランドから、「TOMMYKAIRA」のブランドに移行
して行ったのだった。

最初のモデルをBMWの「HARTGE」から、メルセデスの「TOMMYKAIRA」
にしたことは、自然の流れだったのかも知れない・・・!

・・・・・さて「TOMMYKAIRA・M19」に話を進めよう・・・・・

この「M19」の試作車は、2ℓモデルと、2.3ℓモデルの、2台を製作したが、

11057
結果は総合的に2ℓモデルの方が、バランスが良かった。

11058

2.3ℓにするためのエンジン組み付け時間と、コストを考えて2ℓモデルのみ、
発表することにした。

性能は、1996cc ・出カ153馬力・トルク19.2㎏と、十分なものだった・・!
(ノーマル190E ・出カ115馬力・トルク17.5㎏)

その当時、自動車雑誌・ベストカーの取材で、矢田部でのフルテストを敢行、
結果は、想像以上に満足のいくテスト・データーが取れて、驚いた・・・!

2ℓモデルには、シルバーのサイド・ストライプと、ホイール、2.3ℓモデルには、

04082 
ガンメタのストライプと、ホイールで差別化を計る。

04081_2

この「M19」の試作車には深い思い入れがある、矢田部のフルテストや取材

11059

で使い倒したままで、何と都合10年間も我が家で働き続けてくれたのだから!

その上、ラスト3年は、このお気に入りの「M19」を東京の住まいにまで持って
行ったほどだった!・・・・・(車お宝話43参照)

もう一台、メルセデスをベースにした「M19」の兄貴分「M30E」を紹介しよう!

現在でも根強い人気の、メルセデスベンツ・W124・300Eを、ベースにした
「M30E」は、「M19」の開発から少し遅れてスタートした・・・!

僕も大好きで、基本的に上品で美しくまとまっている、「M19」のデザインを
踏襲し、チューニングカーのセオリー通り、ハイカムや面研等のメカチューン
と、タコ足・マフラーで武装した。

性能は、2960cc ・出カ225馬力・トルク28.5㎏で、ノーマルと比較すると、
大幅にパワーアップさせる事が出来たと思う・・・・・
(ノーマル300E ・出カ185馬力・トルク26.5㎏)

性能的にも素晴らしく、評判も上々でヒットを予感させたのだが、残念な事に、
発表後間なしに、ベース車のベンツ・300Eのエンジンが変更となり、その上
ポルシェが造った事で有名になった、メルセデスベンツ・500Eも発表された。

そんな事情で、生産台数が伸びた「M19」と比べ僅かな生産台数で幕を閉じ
た不世出に近い、素晴らしい性能の「M30E」が愛おしい・・・!

こんな経験は何度かあるが、そこがチューニングカー・ビジネスの難しさだと!

そんな貴重な「M30E」に、1オーナーで今でも大事に乗っている友人がいる。
京都のお食事処「きらきらひかる」のオーナーだが、ほんと嬉しくなってしまう・・・

 http://kirakirahikaru.com

M30e

先日も、後10年は乗るからとオールペイントしたらしいが、如何せんホイール
が汚いのだ・・・・・・誰かこのホイールを、お持ちの方は是非一報ください。

     なんとこの「M30E」・・・・・現在230,000kmを走行中・・・!

|

« 車お宝話(祝・100) 振り返って思うこと! | トップページ | 車お宝話(102)「マハラジャ・六本木」にショールームが! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

230,000kmを走行中とは、大事にされているのですね!小生も80,000km走行のフルノーマルM30Eを大事に持っております。ナンバーを切って保管しておりますが、来年に復活しようと思っております。M30Eの純正ホイールの状態の良いものを、予備で5本持ってはいるのですが、5本ともフロント用の7Jなのです。見た限り、フロントもリアも、3ピースの表側は同じようなので、リア用の8Jの裏側と組みかければ使用できるのでは?と考えておりますが、可能なのでしょうか・・・

投稿: 松本のぶよし | 2008年12月21日 (日) 01時00分

どうも・・・!

フルノーマルで8万キロですか?凄いですね~・・・!

この写真の持ち主も、AMGやジャガーも試運転し検討したのですが、結局このM30Eが一番とのこと!

このコメントの事を知らせてやりますよ・・・喜ぶと思います。

ホイールの件は、多分ですが専門店なら可能だと思いますが・・・?!

先日アップした「お宝話」に僕も書いたのですが、やはり古いクルマを大事にするのは素晴らしいですね~!


投稿: 富田義一 | 2008年12月22日 (月) 11時56分

こんにちは。初めまして。昨年の10月にM19(5速マニュアル)を大阪より東京に引き上げ、ある程度のレストアを行い、9月のミーティングに参加してまいりました。

先般、ヤ〇ーオークションで、M19用ホイルということで落札した商品は、なんと試作車で使ったとお書きになっている、「ガンメタ」バージョンでした。

もしや、富田さんのお車に使われていたものではないかと・・・。

ちなみに、エンジンは後期M102のヘッドチューンの2.3仕様です。貰い物です(笑)

投稿: M19オーナー | 2012年10月21日 (日) 10時45分

いや~、ありがとうございます。嬉しくまた楽しい話です!
多分1台キリだったと思います。永く楽しんでください!

投稿: 富田 | 2012年10月21日 (日) 13時50分

10月21日にご返答を頂いたM19@5速のアリモトです。
その後ヤフオクのガンメタのスパイラル8アルミホイルの出品者に車両の保管状況を問いあわせたところ「既にドナーとなり、エンジン、タコ足は保管してあり、売却可能。車両は京都ナンバーであった」との話でした。

出品者の不確かな記憶では、ハイカムが入っていたのか、アイドリングが不安定
で有った事と、ストライブがガンメタであった様な記憶があるとの事でした。

富田様がご記憶がある様でしたら、M102エンジンの2.3のエンジンはどの程度の
改造をしていたのでしょうか?ご存知であればご教示頂ければ本当に嬉しいです。

もし可能であれば、そのエンジンが本物の試作車のものであれば、蘇らせて搭載したいと思います。
→当時190には、SOHCは2.0リッターの設定しかなく、SOHC2.3
は124や123にしか無かった筈です。

そこで、改造情報をご記憶であればお手数ですが教えて頂けないでしょうか?
①エンジンごと124(123)用を購入して載せ変えたのでしょうか?
②ボアアップされた場合は、ピストンは純正?その他流用?若しくはクランク変更?
によるものでしょうか?
③圧縮比はどの程度まであげられてましたか?
④ハイカムのプロフィールや、純正加工カム若しくは削りだしで作成したのでしょ
うか?

などなどわかる範囲で教えて頂ければ本当に嬉しいです。

現品は大阪に有ります。


投稿: アリモト | 2012年11月 3日 (土) 11時32分

少し時間をください。
息子が入院したりして少しバタバタしていますので、落ち着いたら調べます!
よろしく!

投稿: 富田 | 2012年11月 5日 (月) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(祝・100) 振り返って思うこと! | トップページ | 車お宝話(102)「マハラジャ・六本木」にショールームが! »