« 車お宝話(101)STORY OF TOMMYKAIRA・1987年~! | トップページ | 車お宝話(103)日本初の公認チューニングカー ・Ⅰ »

2008年11月12日 (水)

車お宝話(102)「マハラジャ・六本木」にショールームが!

   

さっそく横道に反れて申し訳ないが、この話は面白いので、是非紹介したい!

11115

ひょんなことから、当時、社会現象に迄なっていた、「ディスコ・マハラジャ」と
「車のハルトゲ」をドッキングさせて、面白いことをしようと、突然話が決まって
しまった!

その頃話題の人物、マハラジャのオーナー宅へ連れて行かれたことに、端を
発するのだが、今では誰に連れて行かれたのか、忘れてしまっている・・・・・

その頃に、プールまで付いている田園調布の豪邸でパーティーがあるからと
その記憶にない人物に連れて行かれた、という訳なのだが・・・・・

なるほど豪邸の中には少し派手めの人たちが、幾つかの溜まりを作っていた。
居宅と考えれば、随分と大勢の人が来ていたことになる・・・

意外と思われるかも知れないが、結構その頃の僕はパーティー好きで、慣れ
てもいたから、早々にオーナーのいる溜まりが、僕の居場所になってしまう!

そのオーナーのK氏が自慢話を始めた・・・・・「マハラジャも有名になったから、
本店を六本木の麻布十番に造ろうと思っているのだが・・・!」と。

そして「今話題の有名ファッション・ブランドと組んで、今までにないショー
ルーム併設の超高級ディスコにして話題作りをするんだ」と、意気込んで云う。

僕が納得いかない様子で聞いていたら、その直後に僕の目を見て「いい考え
でしょう・・・富田さん!」と念押しのセリフを・・・・・

僕はすかさず、「違うでしょう、超高級ディスコなら、毛皮を着た美しい女性が、
今話題のカッコいいクルマから、降りてくるイメージでなきゃ~・・・!」

それなら僕と組むべきですよ・・・!と、笑顔で切り返す。

一週間ほど経ったある日の事、京都に帰っていた僕にK氏から電話が掛かる!
「富田さん・・この前の話・・本気なの・・・!」と。

そんなことで、話題の「マハラジャ・六本木本店」にショールームが出現・・・!

110511

横道に反れついでに僕の前身に触れておくと、24、5歳の時、京都に僕と
同姓で兄貴分のような人が毎週土曜日に「Saturday」なるパーティーを居宅
で開いていた・・・!

この家も先程の田園調布の豪邸に、一歩も引けを取らない素晴らしいもので、
大きな居宅には「UFO」のような巨大な目印が屋根の上にある・・・

その豪邸の地下が完全な高級ライブハウスになっていて、そこで毎週土曜日、
「Saturday」なるプライベート・パーティーが開催されると云う訳だ・・・

・・・・・・・無論、商売ではない。

この同姓の兄貴分も、ファッション界の大御所で、この「Saturday」のことは、
その頃の週刊誌をいつも賑わせていた・・・

なにしろ東京、横浜、神戸などから、各界の有名人が京都にゾクゾク集まる
のだから、話題に事欠く筈はない・・・

ミュージシャンも、俳優さんも、歌舞伎役者も、それにファッションモデルまで
もが毎週の様に来るのだから、若い僕には信じられない光景の連続だった!

やがてこのスペースを、若い僕に任せるというチャンスを、同姓の兄貴分が
くれたことで、大きな自信にもなったし、多くの著名人とも友人に・・・!

そんな経験をしたからなのだろう、29歳の時に初めて建てた自宅の3階に
遊びのスペースを作り、毎週土曜日に盛り上がっていたな~・・・・・

余計な話は何ひとつ覚えていないが、後に多少は有名になった僕を「MR・
ハイファッション」に引っ張り出してくれたのも、この同姓の兄貴分だった。

06213

そのお陰で36年も生き別れていた母に巡り逢えたのだから、偶然とは言え、
この同姓の兄貴分は、本当の兄貴の様な存在だったのかも知れない・・・!
             (車お宝話(62)世にも不思議な物語・参照)

     ・・・六本木「マハラジャ」に話を戻そう・・・!

以前にも触れているが、「ハルトゲの日」と称して、この六本木・マハラジャで
1985年の「全日本ツーリングカーレース」参戦発表パーティを開催・・・

04166

この時は、話題性のあるイベントを、マハラジャ本店で開催したものだから、

11112

11111
テレビ局も駆けつけて、それこそ、話題の「時の人」まで飛び入り参加して
大盛況だったが、今だにどうして「時の人」が参加したのか理解できない??

その頃マハラジャには必ずVIPルームが付いていて、このVIPルームに
入るのがステータスで、黒服と称するホストがひざまずいて、お相手するの
だから、狙い通り超高級ディスコとしての話題性には事欠かなかった・・・・

この黒服の他に、一般フロアー用の赤服があり、イベントのときなど大いに
活躍したが、それにしても”派手”なコスチュームだよね~!

04165_2

京都にマハラジャが出来た時なぞ、オーナーと僕が入口でタキシードを着て、
招待客を接待するのだから、僕自身がナニ屋さんだか、分からなくなりそう
だった・・・・・

そんな調子で全国の「マハラジャ」のイベントに、ハルトゲを駆って参加した

11053
ものだから、「ハルトゲ」と「マハラジャ」がコラボした楕円形のステッカーに、
とんでもなくプレミヤが付き、一躍有名に・・・・・

11113

そのお陰で、硬派だった単なるチューニングカー・ブランドから、お洒落で
流行りのブランドに変身できたのだから、宣伝効果は抜群だったのだろう・・!

その上、参戦した「全日本ツーリングカーレース」は年間総合優勝を果たした!

11122
この優勝でクルマ好きの間にも、「ハルトゲ」の名前が浸透したと思う。

11121

「トミーカイラ・ブランド」に行き着く迄に、そんな「ハルトゲ」のブランド展開が
あったことを、是非とも知って欲しかったから、敢えて横道に反れてでも紹介
したかったのだ・・・!

11114

|

« 車お宝話(101)STORY OF TOMMYKAIRA・1987年~! | トップページ | 車お宝話(103)日本初の公認チューニングカー ・Ⅰ »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

MAHARAJA懐かしいですね。オーナーのK氏の息子さんと友人なので田園調布の邸宅にお邪魔したことあるんですが、いやガレージといいプールといい私には異次元空間でした。彼はポルシェターボ乗ってましたが、みんなで「MAHARAJA RACING PRODUCT」というチームを遊びで作ったりしてました。いまだにバンパーにステッカー貼ってあります。たしかポルシェの前はハルトゲ(6シリーズだったかな?)に乗ってましたね。

MAHARAJAと聞くだけで、当時のバブリーな時代が蘇ってきますね。残念ながらK氏も亡くなってしまいました。当時のバブリーな時代、そして現在のこの不景気・・・ついこの間のような気がしますが、時代が大きく変わったのを実感します。

投稿: 田代@M20b | 2008年11月15日 (土) 03時33分

田代@M20b さん、ご無沙汰です!
そうなんですか、K氏はお亡くなりになったんですか!
全く知りませんでした。
当時は本当に親しい間柄で、病気見舞いにも行ったことがありましたから・・・
息子さんも京都に挨拶に来られた時にお会いしましたが、しっかりとした好印象があります。
そうですね~、K氏にはロールスロイスとハルトゲを、従兄のS氏にはベンツを買って貰っていましたよ!
K氏の人生はバブルで変わりましたから・・・
息子さんにもよろしくお伝えください。

投稿: 富田義一 | 2008年11月15日 (土) 12時31分

なにげに、ネット廻りでここまでたどり着きました。
ハルトゲマハラジャステッカー、いまでもお宝として持ってます。
 なにげにハルトゲ、ラジャコートバージョンのステッカーもありまーす。

投稿: あいぱら | 2009年1月18日 (日) 01時35分

はじめまして
マハラジャ・サイトのブログで、ここ紹介されていて、立ち寄りました!

ハルトゲ・マハラジャ・ステッカー再発して欲しいな。。。

投稿: バブル子 | 2009年1月27日 (火) 19時07分

どうも!・・・マハラジャ・サイトのブログで紹介されている事は知りませんでしたよ。

ホントですね~、面白いかも知れませんね!

投稿: 富田義一 | 2009年1月28日 (水) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(101)STORY OF TOMMYKAIRA・1987年~! | トップページ | 車お宝話(103)日本初の公認チューニングカー ・Ⅰ »