« 車お宝話(83)「トミーカイラ25R」誕生秘話 | トップページ | 車お宝話(85)日産自動車が筆頭株主に! »

2008年9月10日 (水)

車お宝話(84)憧れの「水平対向エンジン!」

   

少し走り過ぎだとは思うが、スバル車のチューニング・コンプリートカー
に辿り着くまでの、裏話にも触れて置こうと思う・・・

だからと言って、これで日産系車種もスポーツカーも通り過ぎたと云う事
ではなく、少し考えがあって急いでいるのだ・・・

それは、もうすぐお宝話が100回になろうとしているので、何か企画を、
と考えて、「STORY OF tommykaira」なるタイトルで、1987年から順に、
開発車の動機やエピソードを、僕が憶えている範囲で書こうと思っている!

ただ不安なのは、詳細な写真が余り手元に残っていない事だ・・・
その節は、オーナーズクラブの写真が大量に手元にあるから、車の写真を
拝借させて頂く”かも”知れないので、了解頂きたい・・・・・!

実は、「水平対向エンジン」が大好きで、僕ほどこのエンジンの車に乗った
人はいないのでは、と思うぐらい、数多く乗ったと思う・・・

それは、お宝話の最初の頃に書いた、ポルシェの影響だと思うが・・・!

ちょうど手元にある、トミーカイラB6のイラストが表紙のスバル専門誌、

09106
スバリズム・VOL・1に結構詳しく、僕のボクサーエンジン車歴を掲載し
てくれている。

少し横道にそれるが、以前にも食べ物のことで書いたと思うが、僕は好き
なモノが見つかると、そればかりを食す悪い癖がある・・・

其れみたいなもので「ポルシェ356」に恋をして、金の無さ故、クランク
シャフトの折れたポルシェを手に入れたのだが、この356を自分でバラ
してからというもの、すっかり水平対向の虜になってしまった・・・

・・・今思えば、メカニック魂だったのかも・・・!

それからは水平対向エンジン車を見つけては、手当たり次第に手に入れた!
多分、その数は半端な台数ではないと思うが、列記してみる事にしよう・・・

お宝話(2)で書いたが、まず「パブリカ・コンバーチブル」と「トヨタS800」、

09101_2
356は水平対向4気筒だが、トヨタ系の2車種は水平対向2気筒である。

このトヨタの2車は以前にも書いたように、45馬力程の非力なエンジン
だが、580キロと超軽量だから、その当時は大満足で乗っていた・・・!

偶然にも「トミーカイラZZ」の初期車両と車両重量が同じなのが嬉しい!
「トヨタS800」の様な車は、今の時代にこそ、必要だと思うのだが・・・

其後1967年にスバル1000スポーツが発表されたが、ポルシェ356同様
水平対向4気筒で、ソレックスタイプのツインキャブで67馬力と高性能!

ポルシェのRRに対してFFと対照的なレイアウトだったが、当時ラリーは
ダントツに強かった。

今見れば高々67馬力だが、車両重量が僅か700kgと軽量、ゼロヨンも
17秒台で最高速は150kmと、当時のスポーツセダンとしては群を抜く!

インテリアも素晴らしく、3連の筒状のメーターは中々凝ったものだった。

シッカリ感があり、現代のスバル車に通じるものが既にあったと思う・・・
当時としては抜群の走りで、何と云ってもボクサーサウンドに僕は痺れた!

スバリスト誌のサブタイトルに、「ボクサーはやっぱり、音と鼓動から入る
ものだよね!」と僕のコメントを掲載している。

余談だが、もともと僕はスバル360が最初の車で、マツダに勤めながらも、
スバル360で会社に通うほどの反逆児、会社ではスバル党で通っていた。

09102

これは18歳で免許を取ってすぐに買ったスバル360で、ライトブルーの
塗装をガンメタにオールペイントし、センター2本出しマフラーにしていた。

だからスバル1000スポーツを手に入れた時は、それはもう嬉しくて嬉しくて、
随分と山道や街中を乗り回ったものだ・・・!

ここまでは個人的に手に入れた車だが、独立してトミタオート商会設立後、
最初に手に入れた車は、「パナール24BT」で、水平対向2気筒の如何
にもフランス車といったデザインのスポーツカーだった・・・

09103_2

こんな車を知っている人も少ないが、乗った人は本当に稀だろう・・・・・・
だから、こんな特殊な車を、部品のない時代に買う奴は僕ぐらいだったが!

正直この車は、加速の良い車ではなかったが、確か800ccほどの排気量
の割には、重量感があり、長距離を得意としていたと記憶している・・・

特殊な奴をもう一台、「シボレー・コルベア・コンバーティブル」で、何と
水平対向6気筒にターボチャージャーが着いたモデルだった・・・

S48年当時はターボチャージャー付きの車など、知る人も余りいなかった
時代だから、余り話題にはならなかったが、素晴らしくお洒落な車だった。

この「コルベア」は大きい車なのに、水平対向6気筒でリアーエンジンと、
ポルシェと同じレイアウトを取っていたから、雨降りなどでスピンする車
が続出、後に世界一スピンする車として、有名になってしまったが・・・!

でも僕は、オープンカーで、最高にお洒落なこの車に、なんとも言えない
色気を感じていたが、ターボチャージャーの事はあまり知らなかった・・

そんな僕でも手放してから、その特殊性に気が付き、買い戻そうとしたが
後の祭りで、随分とガッカリしたのをよく憶えている・・・

後は、随分とお宝話にも書いた、ポルシェ・オンパレードが続く・・・・・09104
その中でも、自慢できるのは「ポルシェ・904」だろう・・・

ボクサーと言えば、やはりネーミングにもなった「フェラーリ512BB」がある。

09105
「フェラーリ512・ベルリネッタ・ボクサー」は随分といい名前だと思う!

このネーミングのお陰か・・・・・

いつの間にか水平対向のことを、ボクサーと云う人が増えたが・・・・・!

                             つづく

|

« 車お宝話(83)「トミーカイラ25R」誕生秘話 | トップページ | 車お宝話(85)日産自動車が筆頭株主に! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
水平対向エンジンがお好きなんですね。
最近エンジンについて調べてるのですが、
水平対向エンジンの良さが知りたくてこちらのブログに辿り着きました。

私もBMW 3シリーズのブログかいてます。
水平対向エンジンについても書いているのでよかったらみにきてくださいね。
http://blog.dabu.jp/bmw3series/03416/10072.html

投稿: puppy | 2008年12月10日 (水) 22時39分

はじめまして。
水平対向エンジンがお好きなんですね。
私も最近エンジンについて調べています。

よかったらこちらのブログも見にきてください
http://blog.dabu.jp/bmw3series/03416/10072.html

投稿: puppy | 2008年12月10日 (水) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(83)「トミーカイラ25R」誕生秘話 | トップページ | 車お宝話(85)日産自動車が筆頭株主に! »