« 車お宝話(79)嵐山・嵐亭「M30発表会」 | トップページ | 車お宝話(81)トミーカイラR・執念の展示会 »

2008年8月27日 (水)

車お宝話(80)銀座・日産ギャラリーでのお披露目

        

「嵐亭」のブログを書いている時、思い出したことが2つあった・・・!

1つは「こだわりのオーバーフェンダー」もう一つは「GTRの開発許可」で         
この言葉を書いていて、ハタと思い出したことがある・・・

多少話は横道に反れるが、その”思い出した事”を書こうと思う・・・!

実は、オーバーフェンダーでもう1つこだわったモデルがあったのだが・・
・・・日産・34GTRベースの「トミーカイラ・R」である。

この時は、日産製・GTRのフロントのオーバー・フェンダーが、リアーの
オーバー・フェンダーとデザイン処理が違うことに、どうしても納得出来な
かった!

その事を得々と、日産の開発関係者に告げたのだが、聞く耳を持たない・・
「どうしてリアーはあんなに綺麗な張り出しなのに、フロントは・・・」と。

08271

そんな話をしている内に、僕の頭の中でドンドンと理想のデザインが出来上

08272
がってしまい、R32も、R33もフェンダーには手をつけていなかったが、

08273
R34だけは独自のオーバー・フェンダーを造ろうと決めてしまった・・!

08274

これより少し前に、ランチア・デルタHFの最終限定モデルを、数台仕入れ、
そのなんとも美しいオーバー・フェンダーを、目の前にしていたから余計だ!

GTR同様、同じ箱型車のオーバー・フェンダーなら、ランチア・デルタ・
HFが世界一美しいだろう・・・

国産なら、個人的には1998年発表の、スバル・インプレッサ・22Bの、
あのオーバーフェンダーが、群を抜いて迫力があると思うがどうだろう・・!

もう1つは、「GTRの開発許可」の話だが、前回の「M30」の発表後に、
遅ればせながらも、なんとかR32・GTRの開発許可を得たのだが・・・

ところがR32、R33とGTRの開発を続けてきたが、一部のプリンス系
ディーラーでしか「トミーカイラ・R]を取り扱ってくれない・・・!

その頃のプリンス自販の社長や専務などと親しく、大応援団だったのだが・・

ところがその頃の日産は、本当に官僚的で、過去に前例のない事は、まず許可
しない・・・もともと国が作った「日本産業」がベースの会社だからなのか・・・・・?

それどころか傷つくことを恐れて、自社以外の製品は排除しようとさえする!

そんな雰囲気の中でも僕が幸せだったのは、一部の役員や、担当者が心を開い
てくれたことだ・・・!

無論、日産は世界企業で、販売台数も桁違いの大企業、改造車ぐらいのことで、
イメージダウンさせる訳には行かない。

少しでも日産のブランドに傷がついたら、信用は落ち、業績は悪化するだろう。

僕はその事を重々頭に置いた上で、日産の圏内にトミーカイラの展示を求めた。
来る日も、来る日も、そのことに費やした戦略と努力は、今でも良い思い出だ!

東京、神奈川、京都と徐々にだが、全国の日産系の展示会にトミーカイラ車の
お呼びが掛かり出した。

それは初代「トミーカイラM30」の話題性が全国の日産系販売店にとっても、
大きなメリットになったからだと思う・・・・・

その結果、その頃の集大成として、銀座4丁目の角にある「日産ギャラリー」
に「トミーカイラ・m13」が展示された。

但し、「トミーカイラ」ではなく、「ニッサン・マーチ」としてだが・・・!

前後のバンパーに太いスチールパイプを採用し、大きく口を開けたフロント・
マスクのトミーカイラ・マーチ・・・!

08276

この時ばかりは、早くから向かいの喫茶店に陣取って、今か、今かと心待ちに
時を待った。

クルマの入れ替え時間は、確か午後4時だったような気がするが・・・・・

向かいの喫茶店から、赤い「m13」が展示される様子がはっきりと見える。
そのとき僕が取った写真が、たった2枚だけだが、残っていた・・・・・

この出来事は日産としては大珍事で、今までこの「日産ギャラリー」に日産製
以外の車が展示されたことは、かって一度もないのだから・・・

08275

但し、この出来事の裏には、とてつもなくデカイ話があったのだが・・・・!

そのドデカイ話の為に「日産ギャラリー」に展示する数日間で、このデザイン
が好きか嫌いかのアンケートを来場者から集めた・・・・・

結果は、嬉しい事に80%近い人が好感を持ってくれ、ビッグ・プロジェクト
がスタートするかと、期待したのだが・・・・・

この時の気持ちを魚釣りに例えれば、超大物が掛かっているのに自分だけ
では釣り上げられず・・・・・といった心境だったが!

結局、第3者の介入で、超大物は逃がしてしまい、まずまずの魚が釣れた・・
それが日産純正オプションとしての、トミーカイラ・マーチのエアロキットだ。

この先、「超大物釣り」専門の釣り師に変貌して行くのだが・・・・・

                               つづく

|

« 車お宝話(79)嵐山・嵐亭「M30発表会」 | トップページ | 車お宝話(81)トミーカイラR・執念の展示会 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

待ってました!34トミーカイラRの開発話!
(開発話と言う趣旨とは違いますけど・・・嬉しい(笑))

私も黒なので、私のではないとわかってますが、それでも嬉しいです!R-zの1号車ですかね??トリプルウイングやエンジンのお話もいつかご紹介頂けるとありがたいです。
横道にそれたコメントで申し訳ございません。。。

投稿: 今日 | 2008年8月27日 (水) 21時35分

そう云ってもらうと、僕も嬉しいです!

次回の土曜日に続きを書きますから楽しみにしてください。

がんばって面白い内容にしますから・・・!

投稿: 富田義一 | 2008年8月28日 (木) 11時59分

初コメントで失礼します。
m13にとっても惹かれました。
もしよろしければ画像をブログに使わせてもらってもよろしいでしょうか?

投稿: Q | 2009年5月30日 (土) 20時09分

初めまして・・・

可愛いでしょう・・・
どうぞブログに使ってください・・!

投稿: 富田義一 | 2009年6月 1日 (月) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(79)嵐山・嵐亭「M30発表会」 | トップページ | 車お宝話(81)トミーカイラR・執念の展示会 »