« 車お宝話(74)最近つれづれ思うこと! Ⅲ | トップページ | 車お宝話(76)思い出のイベントあれこれ (Ⅱ) »

2008年8月 6日 (水)

車お宝話(75)思い出のイベントあれこれ(Ⅰ)

      

毎月医師会から[LIFE STYLE MAGAZINE FOR DOCTOR]のサブタイトル
で「プレシオ」と云う美しい雑誌が送られてくるのだが・・・

クルマに関するページ数が程々にあるから、ついつい見てしまう!

その中に「輸入車販売の現場で、ちょっとした異変が起こっている」
と書いてある記事を見つけた・・・

それ迄のショールーム一本槍の売り手と買い手の接点に、付加価値
をつけて、一般ユーザーにサーキット走行の体験を、と云うものだ。

「究極の試乗会」と銘打ったBMWの広告記事なのだが、講師として
懐かしいレーシング・ドライバー達の顔が、写真に居並ぶ・・・!

その友人達の写真を見ながら、ふと、遠い昔を思い出したが・・・

・・・何をいまさらと思ってしまった!

だって同じ様なイベントを、20年以上も前の富士スピードウェイで
僕が企画して実行した経験があるんだからと・・・!

サーキット走行、プロドライバーに同乗試乗、プロの模擬レース等、
内容もその時とほとんど変わらない・・・

このBMWと同じ企画は、輸入車組合でイベント委員長なるものを
引き受けた時のことだから、相当古い話ということになる。

この時の貴重な写真が一枚だけ出てきたから、事実だと証明できる!

写真には85年6月と焼き付けられているから、僕が丁度40歳で、
夢工場建設の1年前だから、まだ輸入車を専門に扱っていた頃だ。

この頃の並行輸入車はヨーロッパ仕様だったから、馬力も足廻りも
日本仕様の正規輸入車とは、大きく違った。

その頃の日本の基準は、アメリカ連邦保安基準(FMVSS)を採用して
いたから、欧州連合基準とは大きく異なっていた。

これも今日に至るまでの経緯として、大事な道程りだったと思うが!

この大きな性能の差を、売る人にも、買う人にも、評論家の人にも
体験してもらい、その性能の差を紙面に紹介して貰うことが目的で、
このイベントを企画したのだ!

この頃の輸入販売業者など、性能的なことは殆ど無知で、売れさえ
すれば良しとする時代だったから、販売業者より求めているユーザー
の方が詳しいといった事がザラにあった。

その頃、ユーザーからの問い合わせに答えられない販売業者から、
毎日のように性能差について教えてほしいと、わざわざ京都の僕の
会社に電話してくる同業者が多かった・・・!

だからその解決と、性能の良さをアピール出来る絶好のチャンスと、
企画したのが実情だった。

その頃のTOMITA AUTOは、専門誌に対してかなりの信用があったから、
僕のこの企画には、すぐに数社が乗ってくれた!

当然、僕以外の同業者は、サーキットに初めて来たという人が大半
で、プロ・ドライバーの余りに凄い走りにただただ圧倒されていた。

この写真は昔の富士スピードウェイで、コントロール・タワーの前

0806
だと思うが、右端のポケットに手を入れているのが僕で、背を向けて
僕と話しているのが黒沢元治氏。

後にトミーカイラ・M30のビデオや、取材では、数え切れない程、
お世話になった、通称「ガンさん」だ! 

そして現トムス会長の舘君と、同監督の関谷正則、通称「関ちゃん」
にも参加してもらった・・・・・・写真がないのが何とも残念だが!

その他に、雑誌社のレポーターの方々にも参加して頂いた!

仕方のないことだが、こんな素晴らしいメンバーが参加してくれた
事の重大さを、組合員の殆どが、分かっていなかったと思う。

それでも後に、雑誌に掲載されたボリュームで分かった人や、自社
の若い社員に、このイベントの凄さを教えられた人もいたようだが!

実は余り人に話した事はないが、僕は企画ごとが大好きで、若い頃、
既に「トミタ企画」という会社を立ち上げていたぐらいだ!

だから、チューニングカーやスポーツカーの発表会は当然としても、
本社の落成式や、レーシングチームのお披露目会、等々・・・

・・・つらつら思い出しただけでも、相当な数になってしまう。

出て来た資料の中にも、イベントの写真がかなり含まれていたから、
この機会に面白いイベント話をシリーズにして書いて行こうと思う。

やはり写真があると、その時の記憶が細かく蘇るし、イメージして
貰い易いから書いていても楽しいし、何より懐かしさが溢れてくる!

|

« 車お宝話(74)最近つれづれ思うこと! Ⅲ | トップページ | 車お宝話(76)思い出のイベントあれこれ (Ⅱ) »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(74)最近つれづれ思うこと! Ⅲ | トップページ | 車お宝話(76)思い出のイベントあれこれ (Ⅱ) »