« 車お宝話(69)懐かしのtomita autoの資料(Ⅳ) | トップページ | 車お宝話(71)初めてのF3チーム監督! »

2008年7月19日 (土)

車お宝話(70)もう1つの「夢工場構想」

      

のっけから横道にそれて申し訳ないが、この日本の将来が気になる!
と云うより、何とかならないのかと・・・

・・・我が国の税金の高さの話だ!

主要国の中でダントツの税金の高さが、何とも寂しいかぎりだ。
事業税、地方税合わせて軽く40%を超す国など全く見当たらない。

仮に半分の20%になったとしても、驚くほどでもない、シンガポ-ル
などすでに18%なのだから・・・!

すでに優良企業は税率の低い国に投資を進めて久しいが・・・

現実はこの国を棄てて逃げ出しているのに、マスコミは一切"逃げた"
という文字を使わないのはなぜだろう?!

無論、海外投資は国際競争力を付けるために重要で、安い土地や賃金、
優遇処置など、表向きの理由は理解できるが、大事なところは税率が
とんでもなく低いことだろう!

安い税金で大きな利益を上げるのは結構なことだが、国際競争力の為
にと、儲けた利益を海外にプールすれば国税局だって手も足も出ない!

日本はどんどん高齢化して行くのに、国の税収が減る一方では話になら
ない。

このまま放置しておけば、我が国の力のある中企業、大企業は間違いなく
全て国外にシフトするだろう!

僕だって以前から、事業家の端くれとして常に考えていた事だから・・・

その上、うんざりするほどの税金を払ってまで、この日本に開発投資を
する"モノ好きな"海外企業があるはずもない!

そうこうしてる内に、極貧国や途上国は、世界中から人とカネが集まり
見る見る豊かになっていく・・・

豊かになるから、雇用のレベルも上がり、明かるい将来に向けて子供の
学力も自然に上がる。

生活が向上し、未来もあるから勢いがある、だから考えも前向きになる!

では、この日本の国はどうなのか・・?

いちいち書くのも寂しい限りだが、全てが逆で、国力も、学力も、人口も、
・・・子供の「夢」までも減る一方だ!

増えるのは、税金と高齢者ばかりとは・・洒落にもならない・・・

これでは日本の国が「姥捨て山」になったようなものだ・・・!

だから・・・僕もそうだが、今こそ高齢者が立ち上がる時だと真剣に思う。
間違っても僕は、自分だけの楽しみや、趣味で人生を終わりたくないから!

そのために、いつまでも若く、生き生きといられることに重点を置いている
から、いまの仕事でアンチエイジングを学び、実践しているのだ。

官僚も政治家も、国をつかさどる人達は、いい加減に既得権益やメンツから
離れたところで真剣に考えないと、この国は間違いなく手遅れになると思う。

・・・タイトルの本題に戻そう!

もう1つの「夢工場構想」とは、修学旅行の研修コースになるような工場と、
オート・マイスターの育成学校をひとつにした構想だった。

07182

スポーツカー・レーシングカー・チューニングカーの製造工場があり、
そこに学ぶ機能を持たせて、実地体験コースや、CGによるバーチャルで
体験できる研修コースを、と考えていた。

この計画は一企業としてでなく、市や県から誘致を受けるカタチで一緒に
造り上げる構想だったのだが!

現実に、この構想に興味を持つ地方は複数に上り、かなりの所まで進んだ。

京都市・岐阜県・兵庫県・沖縄などが、この構想に特に興味を持ってくれ、
その時の市長や総局長などが何度も対応してくれた。

特に地元京都は、京都経済同友会の会員ということもあり、力のある方が
後押しをしてくれ、京都市内のど真ん中に数千坪の候補地まで用意された。

大きなポスターも出来上がり、会社の僕の部屋に誇らしげに張ってあった!

候補地と云えば、明石海峡大橋を渡ったところにある淡路「夢舞台」の近く
にも、何度か県の局長と現場視察してカートコースも造ろうなどと、楽しい
夢のある話をした事を思い出す!

僕の考えていた内容は、修学旅行で研修に来た子供達が、ロボットなどない、
全てハンドメイドの工場を見て「これなら自分でもクルマが造れるかも」と、
自信が持てる様な夢工場にしたかったのだ!

コンピューター制御の、手も足も出ないような最新鋭工場など見ても、決して
そこで働きたいとは思はないだろうと!

僕はよく人に「子供にバカにされる様な工場を造りたいんだ」と言っていた!

|

« 車お宝話(69)懐かしのtomita autoの資料(Ⅳ) | トップページ | 車お宝話(71)初めてのF3チーム監督! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん前の記事に、これがあったのを思い出してコメントします。

夢工場構想、詳しい内容をもっと教えてもらえないでしょうか・・・?
私も三菱の工場を見学した事がありますが、何と味気ないものかと落胆した事があります。

ファブレス+コーチビルダー
この両者が手を組んで何か行えたら、日本で何かが変わるのかずっと気になっても居ます。

投稿: あきら | 2011年5月24日 (火) 22時44分

久し振りに燃える話でうれしいね~・・・!
僕の「見せる工場」のコンセプトは、”バカ”にされる工場を造ることだったんですよ。
大メーカーのようなロボットは一つもないが、規模は小さくても精度の高い、日本人が得意とする完璧な造りのクルマ。
見学し終わった後に「こんな自動車なら自分にも造れる」と見た人が馬鹿にするようなシンプルな工場だったのよ・・!

でも「ZZ」はこれに近い出来だったと思うよ。
だってあのポールフレール氏が、完璧な造りと絶賛してくれたんだから・・・!

『夢工場構想、詳しい内容をもっと教えてもらえないでしょうか・・・?』・・・またいつでも来て。いくらでも教えるよ!

投稿: 富田義一 | 2011年5月26日 (木) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(69)懐かしのtomita autoの資料(Ⅳ) | トップページ | 車お宝話(71)初めてのF3チーム監督! »