« 車お宝話(63)世にも不思議な物語 Ⅱ | トップページ | 車お宝話(65)高騰するガソリンの影響! »

2008年6月28日 (土)

車お宝話(64)追悼、オベ・アンダーソンとF1

   

F1だけはかかさず観ている僕だが、最近のF1は面白くなかった!
殆どのレースで、トップ3に入るドライバーがほぼ分かってしまう。

より商業ベースとなったF1グランプリが、多額の資金を必要とする
モータースポーツになって久しいが、最早、大企業の資本の元でしか
活躍できないことはよく分かる。

今やホンダのような世界的企業でも、前で走るのは大変なのだから!

でもテレビにしろ、サーキットにしろ、観客があって始めて成立する
興行なのだから、もう少し何とかならないのかと思うのは、僕だけで
はないだろう!

でもこれがモータースポーツという奴だろう。

人間の身体だけを使うスポーツと違うのだから、お金は幾らあっても
キリがないのだろうが!

いま話題になっている水泳など、金がかかるのはスイミング・スーツ
ぐらいのものなのだから!

F1の場合、金を掛ければマシンの精度が上がって、耐久力が増し、
性能も上がる、その上、空力など、とんでもないレベルで開発できる。

だから昔のように、いい意味のハプニングなどあるはずもなく、見て
いてもワクワクすることがないから、仕方なく自分の予想が当たるか、
当たらないか、ぐらいの楽しみしかなかったが!

ところが、先週のフランスGPは久々に興奮し楽しませてもらった!

観られた人は最早お分かりだろうが、トヨタのJ・トゥルーリの活躍
は特筆に値する。

運転を職業としているプロドライバーが「逝去した一人の偉大な故人、
オベ・アンダーソンに捧げるために」・・・・と頑張ったのだから!

トヨタのF1チーム全員が出した結果だ、マシンを造る人もメカニックも!

こういう感覚は、日本のお家芸だったように思うのだが・・・
少なくとも僕は、その意識が表彰台という結果を出したのだと信じる。

僕だって、例え一度だけとはいえ一緒に食事をした事がある憧れの人。
そのアンダーソン氏のために、僕は必死にJ・トゥルーリを応援した!

アンダーソン氏とのことは「お宝話(31)NAVI・突然の取材」
の中に、楽しい会食中の僕の失敗談なども含め、書いているけど!

確かに今年のトヨタは予選でもかなり前の方に居るけど、表彰台に届
くには今一歩といった感じだったから、余計に熱が入ったのだと思う。

最初に書いたように、高度になったマシンが勝敗を決めることが多く
なった現代に於いて、まだまだ人間の気迫が通じる余地があるのだと
教えてくれたレースだった。

だから何といっても、このJ・トゥルーリの表彰台は偉業といえるだ
ろう・・・そんなことも含めて久々に興奮し、楽しめたのだと・・!

それにしてもオベ・アンダーソン氏は、70歳でクラシックラリーに
出ていての事故ということらしいが、そのバイタリティーに脱帽だ。

以前に触れたポール・フレール氏も、90歳になってなおテスト走行
での運転技術は天下一品だったという。

やはり自動車の歴史の中で生きて来られた人達なのだろう!
こと自動車に関しては歴史の重みを感じずにはいられない。

このお二人と比べれば僕はまだまだ若輩だけど、人生の大半を自動車
に生きてきた者として、大いに見習いたいと思っている・・・!

                ご冥福を祈ります・・・合掌

|

« 車お宝話(63)世にも不思議な物語 Ⅱ | トップページ | 車お宝話(65)高騰するガソリンの影響! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

先週のフランスGP、レース残り数周でのトゥルーリのライコネンの3位争いは固唾を呑んで観ていました。タイヤヒットしたときは「よくバーストしなかったなあ」と思いましたが、3位表彰台でトゥルーリが喪章を指差していたシーンは印象的でした。

今年はポール・フレール氏、梁瀬次郎氏という日本の自動車産業に多大な功績を残された方の相次ぐ訃報に驚いてますが次のGPもトヨタのF1チームには頑張ってもらいたいですね。

投稿: 野村宏一郎 | 2008年6月29日 (日) 22時05分

先週のフランスGP、トゥルーリとライコネンのレース終了までの残り数周のバトルは固唾を呑んで.......。

表彰台でトゥルーリが左腕の喪章を指差していたのが非常に印象的でした。

今年は、ポール・フレール氏、梁瀬次郎氏など日本の自動車産業に多大な貢献をされた方の訃報が相次いで非常に残念な思いに駆られると同時に現在の豊かな自動車社会の構築に頭が下がります。

投稿: 野村宏一郎 | 2008年6月30日 (月) 01時46分

ほんとですね~、アンダ-ソン氏だけでなくポール・フレール氏も梁瀬氏も亡くなられましたよね!
とくにポール・フレ-ル氏は会ったことがなかったので、一度はお会いしたかった。
1995年NAVI/5月号のスポーツカー大特集では、
世界中から集まったスポーツカーの中から、PF氏が一番気に入ったのはトミーカイラZZだと掲載された。
今思えばあの時に東京の豊島園に行けばよかった!

投稿: 富田義一 | 2008年6月30日 (月) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車お宝話(63)世にも不思議な物語 Ⅱ | トップページ | 車お宝話(65)高騰するガソリンの影響! »