«    車お宝話(56)やっぱりレアなモノがいい! | トップページ | 車お宝話(58)幻のポケバイ・チッパー »

2008年6月 4日 (水)

  車お宝話(57)クルマと時代の流れ!

      

6月に入って1日、2日,3日と日経新聞の1面の見出しが、
石油とクルマの記事で3日間も続いた。

人生の半分以上を自動車の世界に身を置いてきた僕としては
気になる記事ばかりだが、同時に時代の大きな変化を感じず
にはいられない。

まず6月1日の見出しは「石油製品アジアに輸出」とある。

要するに国内市場が少子化や省エネ進展によって、販売縮小が
5年も続いていることへの対策だが、成熟した国と発展途上国
の勢いの差を益々感じることに!

2日の見出しは、郵便事業会社「全車両を電気自動車に」と!

今年度から郵便事業会社の所有する全ての自動車を電気自動車
に切り替えて行く、と書いてある。

これを見た瞬間、近々そうなるとは思っていたが"最早来たか"
と戸惑いを感じてしまった。

何かしら僕がクルマの世界から遠のいている間に、どんどんと
周りが変化していく気がする・・・・!

当分、まだまだハイブリッド車が活躍すると思っていただけに、
世界が抱える環境問題の深刻さが伝わってくる。

なんと電気自動車は、CO2が7割も削減できるのだそうだ。
これではハイブリッド車も太刀打ち出来まい!

驚くことに、その台数が2万1千台もあり、8年程でこの台数
の全てが電気自動車になると云うのだから・・・・・

それだけではない、もっと驚いたことには、全国の主な郵便局、
約1千拠点の駐車場に急速充電装置を設置して、やがては一般
の利用者にも開放することを検討するらしい。

この身近に起きる現実が、またまた想像を掻き立てる!

新しい材料が出来れば、それだけチャンスが増えると云う事に
なる。

だから面白いことが出来そうな、そんな予感が・・・!

事柄は違うが、以前に50CCのバイクを使ってコミューターカー
を童夢と開発した経緯がある・・・・・名称は「コメット」だ。

06041

50CCの一人乗りで屋根付、ドアもあるしバックもできるのだ!

06042
小さな小さな自動車で、原付免許で乗れるのが売りだった。

苦労の末にやっとナンバー登録し、この小さな自動車を国内で
最初に発表したら、朝日新聞が大きく取り上げてくれた!

そして自動車雑誌の取材で、「コメット」の経済性に挑戦した!

06043
東京まで、どれ位の時間と、燃料代が掛るかのテストを試みた。

ハッキリした数字は覚えていないが、2千円でお釣りがあった
と記憶している!

比較にはならないが、ハイブリッドよりも、電気自動車よりも、
燃費だけは良かったな~と思う!

檀家回りのお坊さんなど、色々と引き合いがあり,既に数十台の
「コメット」が全国を走っていた。

ところが話題性が大きくなって来ると、大手のスズキ自動車が
同じコンセプトの車を半値以下で売ると発表したのだ!

TOMITA AUTOは85万円で発売していたが、新たに市場参入する
大手自動車メーカーは38万円ほどで売ると云うのだから!

ところがもっと悪い事に、大手メーカーが参入するなら法規を
変更すると警察庁が言い出した。

そして、この小さな50CCの自動車でも普通免許でしか乗れな
い様にしてしまったのだ。

ほとんどの人は知らないだろうが、既に乗っている人のために、
原動機付自転車の免許を学科試験だけで普通免許に取り変えた。

ところが面白いことに、免許証には50CC以下の原付しか乗れ
ないことが特記事項として記載してある!

よほど困った末の処置なのだろうが・・・!

この時も、朝日新聞と朝日放送テレビが相当味方してくれたが、
何も起こらず、こちらは泣き寝入りした形になった。

トミーカイラZZの時もそうだった・・・突然の運輸省令による
保安基準の変更、そして朝令暮改のごとく、たった半年で元に
戻る保安基準など・・・!

この時も、朝日放送のニュース・ステーションが特番で取り上げ
てくれたが、何事も起こる筈はなかった。

この国で今までと違う事や新しい事をすることが、如何に大変な
ことか、多少は分かって頂けたと思う!

でも振り返って見れば、これと似たような事を他にも沢山したが、
そのどれを取っても「チャレンジ」したからこその出来事なのだ。

・・・・・今思えば精一杯生きた事の証だと!

そうそう、6月3日の新聞の見出しがもう1つ残っていた!

その新聞には「自動車輸出23年ぶり最高」とある。
国内市場の低迷を、購買力を増した資源国が補う形で輸出が伸び
ている。

中東やロシア、中南米が大幅に市場拡大する中で、今後の日本は
どうなってしまうのだろう!

|

«    車お宝話(56)やっぱりレアなモノがいい! | トップページ | 車お宝話(58)幻のポケバイ・チッパー »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

富田さん
ごぶさたしております。
「コメット」:すごいですね~、未来のクルマみたいですね!
今、NYでスクーターがはやってるというニュースを見たのですが、屋根付きの1人乗りというのは街中では便利ですよね。これからちょっとした流行になるかもしれませんね。

さて、郵便局の電気自動車の話は知りませんでしたが、ほんと、すごいスピードで開発が進展しているようですね。ガソリン車が無くなっていく寂しさはありますが、新しいクルマの誕生は楽しみでもあります。
その中で、電気自動車はどんな音がするのかな、という興味があります。特にスポーツカーは音も大事だと思うのですが、各社が官能的な音を研究してくれればいいですね。(でも音がするというのはそれだけでも熱効率が悪いということなのでしょうか?)

投稿: さわ | 2008年6月 7日 (土) 12時38分

ほんとご無沙汰です!
このコメットは当時のホンダ・タクトを使って造ったのですが、秘書の女史はこのコメットで毎日通勤してましたよ。
世界中でこれだけガソリンが高騰すれば、面白い乗り物が出て来ても不思議ではないですよね~!悪いことばかりではないですよ。
僕は何年も前から電気自動車に興味があったから、結構今までに色々な種類に乗りましたが、ほとんどが無音ですよ!
そこで色々調べてみたら、人工的にガソリン車のような音が
出せそうですよ!・・・・・F1見たいな音がいいな~と。

投稿: 富田義一 | 2008年6月 7日 (土) 13時05分

突然に済みません。最近にCOMETミニカーを中古で入手しました。入手する迄はこの車の事を何にも知らなかったのですが、使用部品のどれ一つを見てもBUBUよりも本格的なパーツ構成なのでこれを造った人の事を思うと感慨深いものが有り、ウェブでいろいろと調べて見ましたところ、トミタオートさんの事を知りました。COMETの完全復活を目指しますので、資料とかまだ残っておりましたらご案内していただけるとうれしいのですが......

投稿: 栗原 裕税 | 2015年12月14日 (月) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«    車お宝話(56)やっぱりレアなモノがいい! | トップページ | 車お宝話(58)幻のポケバイ・チッパー »