«  クルマお宝話(26)F1のスポンサーとロールスロイス | トップページ |  お宝話(28)1988年のイギリスGP2 »

2008年2月16日 (土)

お宝話(27)1988年のイギリスGP

   

僕のF1観戦は思い出しても結構面白いことやラッキーなことが多い。
そんなことで頭に幾つか浮かんだままに書いて見ることにする!

今から20年前の話になる、ということは僕が43歳のときで、
3年前に入会した京都経済同友会の欧州視察でのこと!

当時、僕が独立前に働いていた日産系デーラーのオーナー社長が
京都の名士で、京都経済同友会の常任幹事をしていた。

そのオーナー社長とその数年前に再会、急速に親しくなり兄貴分として、
また父親を知らない僕の親代わりとして、随分世話をしてくれた。

学歴コンプレックスが強かった僕に、なんとか自信を持たそうと、
一流企業のトップや識者が居並ぶ京都経済同友会に推薦してくれ、
若造の僕が40歳に成るのを待って入れてくれた。

その時の代表幹事が京セラの稲盛氏とオムロンの立石会長だった。
随分このお二人には親しくして頂いた。・・・F1の後日談がある!

その兄貴分のS氏が、その後のクルマ人生の片棒を担いでくれた。
だからトミーカイラのスタートは日産車なのだ!

丁度そのころ京都府北部の綾部市にサーキットを造る話が持ち上がり
経済同友会も連携してヨーロッパのサーキットを視察することに!

02162

そんな訳で仲の良い京都大学の工学部教授と兄貴分のS氏が引率役で、
各方面の識者を20人ほど引き連れ2週間の視察旅行ということに!

僕は綾部サーキットの実行委員長ということでかなり自由が利いたから、
デンマーク、オランダ、ドイツ、スイス、フランスと旅を続ける途中に
オランダで2日ほど自由時間を取ってスケジュールを空けた!

当時あっちこっち旅行に行くときは僕より10歳ほど若く英語が出来て
何事にもマメで芸達者な自称添乗員のT君と行くことが多かった。

その時も彼に「カジノに勝ったんやからF1でも見たいよな~」と僕!
彼が「そんなに都合よくやってないですよ~」と言いながら調べている。

すると突然彼が・・・「明日がイギリスGPの決勝ですわ!」と叫ぶ!
「でも飛行機が取れないことには・・・」と言いながら受話器をとる。
ホテルのフロントに問い合わせ、待つこと30分往復チケットが取れた。

このとき不覚にも、F1観戦のチケットがないことを完全に忘れている!

だけど・・・明朝そんなことにも気付かず身支度を済ませて飛び出した!

そうだ!・・・イギリスに行く前に、
この旅のそれまでの経緯を説明しておかねば話に迫力がない!

少し話は変わるが、僕は日本でまったく博打をしない。
競馬も競輪もパチンコなどもまったく興味がない!

当り前やろう!・・・と自分で突っ込みを入れたくなるほど、
僕がやっている仕事そのものが大博打なのだから!

その代わりと言ってはなんだが、海外に行くと必ずルーレットをやる!
これが不思議なぐらい強い必ず勝つ、本当の話11戦11勝なのだから!

前日もホテルからブラブラ歩いてカジノに行った!

レートが低くて、みんな楽しんでやってるって感じの、ほのぼのとした
カジノだったけど、僕が勝ち出したらみんな寄ってきて・・・・・乾杯!

そして僕と同じ処にチップを張って、縁起担ぎで煙草の火を貸せとか、
仕舞いには煙草をくれって!・・・・・ほんとに楽しい夜だった!

それに自分の腕で賭けもやる!
この2日前にもまったく見知らぬ土地なのにホテルを抜け出してT君と
プールバーに行った!

ドデカイ男達ちが玉突き台の周りにたむろしてビリヤ-ドをやっている。

コインのお金を玉突き台の斜めのラシャの端に挟むのだ!
旨くしたものでコインに球は全く触れない。

よく見ると球を突いているヤツは2人だけで、
玉突き台の周りの男達ちは2人の勝負に賭けているだ!

僕はお酒を飲みながらカウンターの椅子に腰掛けじっと見ていた。
彼らの腕を見ていて「これならいける」と!

勝負に勝ったヤツが声をかけて来たのか、こちらから声をかけたのか、
ハッキリ憶えはないが・・・・・「サシ」で勝負ということに!

実は高校生のときから5年ほど、例のボウリングにハマるまでは
玉突き三昧で、自分の持ちキュウを3本も持っていたほどだ!

その頃の土曜の夜は、京都の繁華街に近い四条御幸町にあった
「みゆき」という玉突き屋でおっさん相手に夜を明かしていた。

だから自信はあったが、何せ知らぬ外国の地、気は許せない。
T君に何食わぬ顔で万が一、ヤバイことが起きたら・・逃げるぞって!

映画のシーンみたいに書いたけどホントそんな感じだった。

でも決着ついたら肩なんか叩かれて称賛された・・・と思っているけど!
言葉が解らないから、お互い緊張してたんでしょうね。

今回は長いので・・・・この続きは火曜日にさせてくださいよろしく!

|

«  クルマお宝話(26)F1のスポンサーとロールスロイス | トップページ |  お宝話(28)1988年のイギリスGP2 »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

富田さん
京都のさわです。
富田さんのあまりの豊富な経験に脱帽!!、それに、このブログのお客さんのマニアックさにも脱帽!!です。
おもしろいですね~、元気を頂いています、ありがとうございます。

ちなみに、明日は京都の市長選です・・・

投稿: さわ | 2008年2月16日 (土) 20時30分

残念でしたね~松栄くんは!
でも彼はまだ若いし次回は大丈夫と思うから。
そちらも仕事とクルマ共々頑張ってね~!

投稿: 富田義一 | 2008年2月19日 (火) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  クルマお宝話(26)F1のスポンサーとロールスロイス | トップページ |  お宝話(28)1988年のイギリスGP2 »