«   クルマお宝話(22)クルマの価値とは! | トップページ |  クルマお宝話(24)大好きなジャガー »

2008年2月 2日 (土)

クルマお宝話(23) 僕の思い出

今回はクルマをはなれて思いで話を少々! 

僕は13才でバイクに、18才でクルマに憧れ58の歳まで一直線に
車一筋の人生を“夢に挑戦し続けること”を信条に走り続けた!

結果として、
スーパーカーブームを演じ日本初のチューニングカーメーカーになり、
オリジナルのスポーツカーまで造ってしまった!

その思い出のなかでも、オリジナルスポーツカーの発表会で案内状に
詩を書いた。

自己満足と知りつつ、その詩を案内状の見出しに印刷して送りつけた。
それでも僕のことを良く知る友人はこの詩を読んで涙してくれた!
改めてここに紹介させてもらう。

0202_6

これは亀の紋章を意識して浦島太郎的なイメージにしている。
だから亀のマークの上に詩が乗せてあるという訳!

クルマの仕事は自分の天職だと信じていたし、自信もあったから、
35年もの長きに渡りあまり苦労とも思わないで続けられたのだろう!
だからどんな苦難も乗り越えることができたと思う。

そんなクルマ人生から一変して、違和感なく今の仕事に就いたのは、
不思議と遠い過去の思い出が導いてくれたと思えてくる!

すっかり忘れていたことだが中学生の頃、僕は昆虫採集が好きで
取った昆虫を解剖するのが大好きだった。
僅かな小遣いを貯め3年もかかって顕微鏡とメスを手に入れたときの
喜びは子供心にも最高の心地だったのを憶えている!

今でも思い出がいっぱい詰まった宝箱の中に大事にしまってある。
手にとって、顕微鏡が入っている小さな木箱のケースを開けた途端、
幼い頃に嗅いだ匂いに包まれて一瞬にしてむかしに戻って、
思わず涙が出そうになる!

いまに続く思い出がある!
中学生の頃、入院していた叔母を毎日のように京都大学病院に見舞に
行った。

そのとき可愛がってくれた叔母の主治医の先生が解剖展のことを
教えてくれ、そんなに昆虫の解剖が好きならと解剖展のパンフレット
を見せてくれた。

まさか本当に中学生の僕が行くとは思っていなかったらしいが、
なぜか僕は二年も続けて京都大学の解剖展を見に行ってしまった。
しかも一人で!

その解剖展とは無数の人間の死体が色々な状態で置いてあるのだ!
たとえば目の前のベッドにシートがかけてある、
恐る恐るそのシートをめくると人間の死体が、
なんと筋肉だけの姿で寝かせてある。

あまりの気味悪さに衝撃を受けてしまい、
家に帰ってもしばらく放心状態で食事がのどを通らないといった具合で、
あまり良い思い出ではないが記憶は鮮烈に残っている!

育ててくれた義理の母が、若いころ日赤の看護婦長だった。
だから潜在的に医学への興味があったのかも知れないが、
昆虫の解剖展とは訳が違う!
第一、子供など一人も見に来てはいなかった。

それでも次ぎの年もまた解剖展に行ったと言うことは、
やはり興味を強く惹かれたのだろう!

そんな思い出が潜在意識の中で存在し続けたのだろう。
不思議な事に35年のときを隔て、医療の世界へ自然と導いてくれた!
気がつくと僕は医療の世界に入り、ライフチューナーとして、
スローエイジングの目標に向かってチャレンジし始めていた!

|

«   クルマお宝話(22)クルマの価値とは! | トップページ |  クルマお宝話(24)大好きなジャガー »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

いつも興味津々で拝見しています。
日本発上陸のカウンタック…お店の方に見に行かせていただきました。まだ中学一年だったと思います。
いつかはスポーツカーに乗りたい…と思い続け、ZZのプロトを雑誌で見たとき「これや!」と思い記事の下に小さく書いてあった電話番号に電話していました。
待つこと2年半…
現車を見たこともなかったZZが私のところにやってきました。
今年で11年目。
ピカピカの状態で楽しく乗っております。
楽しい…という点ではこれ以上のクルマはなかなか見つかりません。
これからも大切にしていきたいと思っています。

またいろんなお話…楽しみにしています。

投稿: ぴゅうりぃ | 2008年2月 5日 (火) 07時52分

いゃ~!感動です・・・ほんとうに!
30年前にお店に・・・11年もZZを大事に!
ピカピカの状態で・・・ほんとうに愛情を感じます!
「想いつづければ願いは必ず叶う」・・オリンピックの聖火のように絶やさずに・・・これは今でも僕の信条です!

昨年の10月に全国ミーティングで沢山のZZやチューンドカーと共に皆さんとお話できた時と同じ感動です!
最高に楽しい幸せな一日でした。
次ぎの機会にお会いできれば是非声をかけてください。
これからもZZと幸せな日々を送ってくださいね!

投稿: 富田義一 | 2008年2月 5日 (火) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«   クルマお宝話(22)クルマの価値とは! | トップページ |  クルマお宝話(24)大好きなジャガー »