«  お宝話(20)AMG社に契約に行く! | トップページ |   クルマお宝話(22)クルマの価値とは! »

2008年1月26日 (土)

 クルマお宝話(21)AMGとTOMMYKAIRA

  

結局AMGとの総代理店契約は以前にも書いた髙島屋外国輸入部を
通じて数ヵ月後に完了した。

サンプルとしてメルセデスのSLとSECをベースにした
AMGを2台、足回りやエンジンのチューニング・パーツを
数台分オーダーした。

1261 1262 1263 

やはり髙島屋という大手の信用と、ジャンカルロ・ペリーニの顔か!
その頃のトミタオートは零細企業。
よく髙島屋が協力してくれたと思う!

それまで髙島屋を通じて、お宝話(10)のアルピーヌや、
特殊なメルセデスなどをコツコツと輸入して来た実績が
ここで役に立ったのだろう。

今回もまた友人に世話になり助けられたことが大きい!

お宝話を最初から読んでいる人はお分かりだろうが、
いつも節目、節目で、友人に助けられているとつくづく思う!
やはり何かを成し遂げるには、人の協力なくしては出来ないのだろう。

さてAMGの展開だが、日本での「AMGブランド」の
知名度はゼロ!

サンプル車が手元に届くのを待って、
まずは専門誌にプレスリリースを送り、
自社の広告にAMGのブランドロゴとクルマの
写真を掲載して様子を見た。1264 1265

以外にもすぐに反響が出たのは専門誌の取材依頼だった!

それまでランボルギーニやフェラーリなどのスーパーカーや、
アルピーヌA110やシムカらりー3など、
めずらしい車の、取材の手ごたえは経験しているが!

なぜか知名度がほぼゼロの「AMG」に取材が殺到した。

多分、僕と同じ様に実用性のない見せるだけのスーパーカーから、
現実的でステータス性のあるクルマを待ち望んでいたのだろう。

「この答えは今のAMGの発展をみれば明らかだが!」

そこにタイミングよくプレスリリースが舞い込んだということか!

だけどサンプルカーは一台しかない!

それでも一社でも多く取材記事を掲載して欲しいと、
目一杯、タイトな貸し出しスケジュールをやり繰りをした。
この時ほど神経を使った経験はそれまでなかったと思う!

この経験が後のトミーカイラM30の発表時に大きく役に立った!

「トミーカイラ」ブランドを一躍有名にしてくれた、
このM30の発表の時もM30が一台、M20が一台と
計2台しかなかった。

当然のように、M30に取材の依頼が殺到した!

たった1台のM30でテレビや一般誌を含めた30余りの
取材をこなすのだ。

タイトなスケジュールを調整するだけでも大変なのに、
もし取材の途中でクラッシュしたりエンジンが壊れたりしたら
取り返しのつかない事になる。・・・・・一貫の終わりだ!

まず頭をよぎったのは、トップニュースで紙面を空けて、
待ってくれている雑誌に穴が開く!

同時に社運を賭けた「トミーカイラ」のブランドは一瞬にして
地に落ちる。

当然、会社も信用をなくすことになり万事休すとなる!

雑誌社の皆さんに正直にこのことを訴えてお願いした。

「大変申し訳ないが零細企業のチャレンジを支援ください」と!
取材をするプロとしてこんな経験はそれまでなかっただろう!

たった1台の広報車しかない小さな自動車メーカーに慈悲とも

いえる程の協力と応援をしてくれた。

これほど突っ走れたのは、この時の「AMG]の経験があったからで、
やはり何事も「一朝一夕」にはならない!

遠回りに思える事や、いろんな経験が積み重さなって出来たのだろう!

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

|

«  お宝話(20)AMG社に契約に行く! | トップページ |   クルマお宝話(22)クルマの価値とは! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

富田様、
トミーカイラR-S(先日富士スピードウェイで天寿を全うしました。13.5年、20万キロ良くがんばりました)、ZZ'Aを所有しています。是非トミーカイラ復活を‼待っています。オーナーズクラブで持株会社を作ったらと提案しています。

投稿: 髙野 勉 | 2013年3月21日 (木) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  お宝話(20)AMG社に契約に行く! | トップページ |   クルマお宝話(22)クルマの価値とは! »