« クルマお宝話(14) スーパーカーブーム | トップページ | クルマお宝話(15) スーパーカーブームII »

2007年12月28日 (金)

奇跡の杖(最終回)

奇跡の杖



忘れる・・・ことの大切さ


嫌なこと、苦しいこと、辛いこと、

悔しいこと、憂鬱なことなどは、

完全に忘れてしまうこと。

理性や理屈で考えれば考えるほど、心がそのことに
捕らわれ独占されることになる。

心が独占されると、感情は乱れ、食べられなくなり、
動けなく
なる。


やがて病気となってしまう。

これは、霊長類にあって、人間特有の脳の働きのようで、
猿は自分の子供が死んだ悲しさをすぐに忘れて、次の行動に移る。

人間はとかく後ろ向きに考えるのが得意な生き物で、
心が独占され、毒されてしまうと、死に至ることもある。


好きなこと、得意なことなどに熱中し、

出来る限り嫌なことから離れて、

忘れてしまうこと。



取り越し苦労退治


取り越し苦労ほど厄介なものはない。


自らが自分自身の中に、わざわざ最大の敵を作っている
からに他ならない。

この厄介者の退治には、自らが作り出した仮想、
それが取り越し苦労そのものなのだと気づくことが、
追い出す秘訣。


他ならぬ私の場合も、この厄介者の退治には、
十七年もの長い年月を要した。


何事にも精一杯努力して、もう大丈夫だと自信満々に
なっていても、大きな問題に直面したときには、
先々がどんどん不安になり、取り越し苦労はますます
増長する一方だった。


人間誰しも、取り越し苦労は、当たり前の感情だと
思っていたそんなあるとき、とある著名な経営者から
言われた言葉に、目からうろこが落ちた。


その経営者曰く、「俺は取り越し苦労は絶対にしない。
お前との違いはそれだけだ」と。

はっとして気づく。その経営者も一人の人間のはず。
自分には取り越し苦労があって、彼には無い・・・
ということは、即ち「心を不安にしているのは、
自分自身」じゃないのかということに。


今の私は、こんな心境になっている。

「心悩ますな。天に任せよう」と。


つまり、取り越し苦労は存在しえない。
自分が勝手に悪い想像をした結果に過ぎない。


このように、「想像力」とは、悪く使ってもものすごい力で、
心を不安に陥れてしまう「力」がある。


コツ集


「信じて疑わない強い心」が、

一番奇跡を起こしやすい。

「できると信じきってしまう心」が、

願望を叶える「力」

「疑いや不安」があると、願いは

決して叶わない。

「素直な気持ち」で、願望が叶った

ときのことを「想像」する。


もともとあなたの力は、無限なのだ。





自分の「心」は自分でコントロール

する以外に道はありません。




あるがままに、現実を受け入れ、

執着を無くし、

自分よがりな感情を無くす。

そのときこの上ない静寂と

平和が心に宿る。

邪気の無いその心に、

不思議な「力」が湧いてきて、

新しい世界が見えてくる。

奇跡の杖

|

« クルマお宝話(14) スーパーカーブーム | トップページ | クルマお宝話(15) スーパーカーブームII »

2.奇跡の杖」カテゴリの記事

コメント

ふと思い付き、この奇跡の杖のお話を毎日少しづつですが小さなノートに書き写してみようと思います。それが自分にできる第一歩なのかなと思うので…。あと、もしまだ手に入っていないようなら、ZZの初期のパンフレットを2冊持っているので、1冊さしあげましょうか?

投稿: 圭.夢工場 | 2008年9月10日 (水) 12時34分

パンフレットの件、ありがとうございます。
探せばあると思うのですが・・・
もしなければその時、お願いするかも・・・!

奇跡の杖は人生の全てに有効ですから・・・。

投稿: 富田義一 | 2008年9月10日 (水) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/17511492

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の杖(最終回):

« クルマお宝話(14) スーパーカーブーム | トップページ | クルマお宝話(15) スーパーカーブームII »