« クルマお宝話(10) クルマ造りの原点 | トップページ | クルマお宝話 (11) 「イタリア」お宝さがしの旅 »

2007年12月12日 (水)

奇跡の杖(6)

奇跡の杖

日々の実践

①「明るく元気にいきいきと、感謝の心で今日一日」
と朝起きたら必ず心の中で唱え、昼と夜を合わせて、
日中三回唱えて習慣にすること。

私の職場では、毎朝の朝礼で、全員で唱和している。
とかく人間は、ほって置くと悲観的になり、元気がなくなる。
意識して心を前向きにするこの習慣を使えば、全ての
道が開け、すばらしい人生が目前に開ける。

②意識して明るく前向きな「言葉」で話すこと。

後ろ向きで消極的な言葉を絶対に使ってはいけない。
私は、メールや書き物の場合にでも、実践している。
言葉には、※「言霊」と言われるように、魂がこめられている。
だから心に残るのだ。

知らず知らずのうちに、後ろ向きの言葉を使っていると、
長い年月の中で、心はやがて消極的になってしまう。
「苦しい」「面白くない」「もうだめだ」「やる気がない」「嫌い」
「憎い」「情けない」などなど

二度と使わないと誓うくらい、決心することが大切である。

人生にとって、心の使い方ほどシンプルで大事なものはない。

家族、友人、恋人、仕事、夢、食事、健康など、これらは
どれをとっても大切に違いないが、これらを思う中心軸に、
心がある。

心は思い、心は考え、心が行動を決めていく。

後ろ向きの心は、自信のない行動に現れ、考え方も
後ろ向きになる一方になってしまう。

明るく前向きな言葉を使い、意識して心を
前向きに使えば、自信に満ちた行動に跳ね返り、
積極的で想像力に溢れた、好循環の中に身を置く
ことができる。

※言霊(ことだま)

古来より言葉には霊力が宿るとされる。良い言葉を
発すると良いことが起こり、悪い言葉を発すると凶事が
起こるとされた。

奇跡の杖

|

« クルマお宝話(10) クルマ造りの原点 | トップページ | クルマお宝話 (11) 「イタリア」お宝さがしの旅 »

2.奇跡の杖」カテゴリの記事

コメント

 仰るとおり。人間アクティブな考え方をしないといけません。

 私も昨日すごく落ち込んでましたが、心を入れ替えます。

投稿: tkVOXY | 2007年12月13日 (木) 12時15分

tkVOXYさん 
朝一番にやるのがコツ!1週間もやれば必ず変化がでますよ。
習慣にすればすべてがハピーになりますよ!

投稿: 富田義一 | 2007年12月15日 (土) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/17349276

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の杖(6):

« クルマお宝話(10) クルマ造りの原点 | トップページ | クルマお宝話 (11) 「イタリア」お宝さがしの旅 »