« 奇跡の杖(2) | トップページ | 【速報】…トミタの性能! »

2007年11月16日 (金)

クルマお宝話(4)

創業してからすぐには、順風満帆とは行かなかった。
当然の結果だ!
セールストークが一切出来ない。
知識は山のようにある、言いたいことはいくら
でもある。だが、営業経験のないメカ上がり、
「はー」「はい」「いいえ」のオウムの様な返事
しかできない、我ながらビックリだ。

それでも1ヶ月、3ヶ月、半年と時間と共に
流暢とまではいかないが、調子が出てきた。
かえってよかったのかも 朴訥で!

独立して1年も過ぎた頃には、京都中の
スポーツカーを買い集めていた。ディーラーの
下取り車、業者や個人からの情報が入れば
どんなに遠くにでもすっとんで行った。

2年目はおもしろいようにクルマが集まった。

独立直後の昼飯は、近所のうどん屋に無理を言って
めしの大盛りをだけを分けてもらい、おかずは適当に!

半年ぐらいして、肉カレーうどんとめしに昇格した。
1年もすれば薄情にも「うどん屋」を捨て「すし屋」に
またまた昇格した。

勤めていた会社で最後にもらった給料が1万8千円
ちょっとで、月々のガソリン代が1万円弱。

創業2年目で出前を「すし屋」から取る頃には
月収30万位になっていた。

だが長くは続かなかった。

かなり京都で評判になっていたらしく、
資金力のある業者がまねを始めた。
いままでスポーツカーなんか見向きも
しなかったくせに!

儲かると思ったのだろう、スポーツカーを
扱う店が増えた。
「万事休す!」

だがチャレンジャーのトミタはすぐに決意した。
「輸入車専門店」をやろう!
これが後々スーパーカーブームに続くのだが、
まだまだ機は熟さず。

国内で仕入れた輸入車で勝負するが、
これが「クセモノ」だった。
来る客、来る客、ロクなヤツが来ない。

この頃の欧州車や米車の客層は最悪だったのだ。
わざとクルマを壊して「どうしてくれる」、
「金でカタを着けよう」「クルマを換えろ」などと、
全く仕事にならない。

暴対法などない時代で、ほんとに困ったが
負ける訳には行かない!
日本刀、拳銃、猟銃などいろいろ持って来て
チラチラ見せて脅す!
監禁もされたけど、怖がってなんていられない。
クルマを取られたり、お金を取られて店が
つぶれる方が余ほどコワイ!

本気でクルマと命を引き換えにと思っていた。

トミタオートに続けと独立した若い経営者達は、
皆、ヤツらに潰された。

戦後25年はまだこんな感じだった。

そんなこんなで、やっぱり僕にはスポーツカー
しかない!と思い知った。

そうだ!見得やハッタリでクルマに乗るヤツは
相手にしないで、クルマ好き、スポーツカー好き
の人だけを対象にクルマ選びをしよう!

考える必要もないくらいすぐに決まった。
真っ先に頭に浮かんだのはポルシェだ!
憧れのポルシェ356、912、911、
考えるだけでワクワクしてくる。

創業から5年程だと思う、お店も改装して
少しはきれいにカッコ良くなって、資金繰りも
多少楽になっていた。そのうえ、独立まえに
アドバイスをくれた例の先輩が、東京自動車
共同組合に特例で入れてくれた。

当時、関西にはこの様な組合はなく、何処で誰が
何のクルマを持っているのかまったく分からない
状況だった。

そこで僕が将来、関西に組合を作るために
特例で東京の組合に参加させてくれたのだ。
この事は、僕の第一期のクルマ人生に於ける
ターニング・ポイントになった。

一瞬にして東京に沢山の知り合いと取引先が出来た。
逆に東京の人から見れば、京都に知り合いが1人
出来たことになる。

月に何人もの取引先の人が、京都観光やら
遊びに来るついでに、ポルシェやアルファロメオや
BMWに乗って来てくれる。

当然、そのクルマは僕が引き取る約束がしてある。
ぼくは探しモノが手に入るし、取引先の人達は
売った利益で遊んで帰れる。
そのうえ京都まで自走してくるので、クルマの程度は
ホントに良かった。

当然この逆で、僕も頻繁にクルマに乗って東京に行き、
2時間か3時間でUターン。
手に入れた、お気に入りのクルマで東名高速を
楽しんで帰ってきた。

次回は名車や珍車で東名高速を走った、
おもしろ話を書くつもり!

ポルシェ356Bカブリオレ

|

« 奇跡の杖(2) | トップページ | 【速報】…トミタの性能! »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

冨田様はじめまして
地元京都で黄色の25Rに乗っておりますザクレロ25Rと言います。
ブログの事を知ってから楽しく拝見しております。
写真は今出川の店舗のお写真でしょうか・・・?
市電が走ってますね・・・!?
これからもお宝話等楽しみにしております。

投稿: ザクレロ25R | 2007年11月19日 (月) 00時28分

ザクレロ25Rさん!コメントありがとう。

25Rは思い出深いクルマで、NISSANに
10年以上アプローチして、日本で初めて
チューニングカーをNISSAN系ディーラーで
売ることになった初の300HPのクルマです。
大事に乗ってください、お願いします。

そう、昔の今出川通りで紙屋川の電停だったと
思います。

雨の日、電車の線路で滑ってデトマソ・パンテーラを
全損させ、線路を忌まわしく思ったことを、
今は懐かしく思い出しました。

今後とも応援よろしく!

投稿: 富田義一 | 2007年11月19日 (月) 18時32分

クルマのお宝話、毎回楽しく読まさせて頂いております。
当時、外車を扱われると“普通”じゃない方々がメインとなってしまっていたんですね。。今も弱冠、そうかも知れませんが!(笑)

これからも楽しみにしておりますので宜しくお願い致します。

投稿: STAR-ALLIANCE | 2007年11月19日 (月) 22時54分

>日本刀、拳銃、猟銃などいろいろ持って来て
>チラチラ見せて脅す!
>監禁もされたけど、怖がってなんていられない。

TKOCの前会長の事件でもそうですが、クルマ業界は恐ろしい
なというのが実感です。信念が無ければやっていけない世界
かも知れませんね。。。

写真のポルシェ、綺麗ですねえ。でもその後ろのヨーロッパが
気になります。オモチャでしょうが、一度は乗ってみたい
クルマです。

投稿: 田代@M20b | 2007年11月20日 (火) 00時15分

STAR-ALLIANCEさん、田代@M20bさん、いつも
コメントありがとう。

そうなんです!クルマが命より好きなぐらいでないと、
だめかも知れませんね!

次から、いろんなクルマの走りやエピソードを交えて書きます。
よろしく!

投稿: 富田義一 | 2007年11月20日 (火) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/17098204

この記事へのトラックバック一覧です: クルマお宝話(4):

« 奇跡の杖(2) | トップページ | 【速報】…トミタの性能! »