« 奇跡の杖(1) | トップページ | クルマお宝話(2) »

2007年11月 6日 (火)

クルマお宝話(1)

これから、クルマのお宝話をシリーズ化して書いて行きたい。

僕のクルマ人生で大きく3つのウエーブがあると思う。

最初の10年は23歳で独立して、まだあまり日本人が
海外に行かなかった26歳の時、日本人が見たこともない
クルマを仕入ようとイタリアを中心に旅に出た。
そしてめぐり合ったクルマがスーパーカー達。
衝撃!
そしてスーパーカーブーム。

Lamborghini Jota

30歳を過ぎた次の10年、今度は西ドイツでひらめいた!
チューニングカー達だ。
必ず日本にもいつかチューニングカーの時代が来ると!
見た目はいいが現実的には乗り物にならないスーパーカー達に
代わって、見た目はセダンとまったく同じで、中身はスーパーカー
と遜色ないこいつに頭をガツンとやられてひらめいた!
これだ僕が追い求めていたものは!
と一瞬にして明日からの仕事が決定した。
ベースになる日本車がしっかり育つまで、ヨーロッパ車を
ベースにしたチューニングカー で勉強しようと!

結果としてAMGやHARTGEの総代理店として、
日本人がほとんど知らないブランドを育てて行く
ことになるのだ。

Hartge BMW

そしてとうとうオリジナルブランド
TOMMYKAIRAのスタートとなる。執念!

そして次の10年、僕が丁度50歳のジジイになった時、
オリジナルスポーツカーZZを 発表した。
解良と僕、二人の爺爺で、ZZと命名した。

トミーカイラ ZZ

書くと簡単だが、半生をかけた幸せなクルマ人生である
とつくづく思う。感謝である。

前置きが長くなったが次回からは、クルマにまつわる
思い出話や、開発の苦労話など、いろいろその時の気分で
楽しく書いていきたい。お楽しみに!

|

« 奇跡の杖(1) | トップページ | クルマお宝話(2) »

1.クルマお宝話」カテゴリの記事

コメント

 ZZの命名エピソードを初めて聞いた時は正直笑ってしまいましたが、一方ではなんて素敵な名前なんだろうと思いました。

 こんな車を創られたお二人の情熱に感銘を受けました。

投稿: tkVOXY | 2007年11月 6日 (火) 23時08分

遅ればせながら、先日の全国MTGお疲れ様でした。

楽しいひとときを過ごさせて頂いたのと同時に、富田社長(あえてこう呼ばさせて頂きます)がお元気そうで本当に嬉しく思いました。なんかこう、エネルギーを貰った感じがします。・・・サインまで貰いましたが(笑)。

写真見ました。イオタですねこれ。まだ幼い大二郎君乗せて火吹いたイオタですよね(笑)。今でもカッコイイです。ハルトゲの写真はマハラジャですかね。当時のマハラジャはハルトゲが置いてあったりゲンバラが置いてあったりで涎ものでした。

トミーカイラに乗り続けている人は大勢いると思いますが、車そのものの魅力と同時に、富田社長という人間とそのカリスマ性に惚れ込んで乗っている人も多いような気がします。以前京都でお会いして以来ご無沙汰していましたが、ずっと気になっていました。今回、若返ってパワーアップして帰ってきた社長を拝見して安心しました。これからも情熱的な活躍を期待しております!
失礼します。

投稿: 田代@M20b | 2007年11月 7日 (水) 19時52分

やっぱり富田様からはクルマにまつわるお話を聞かせて頂くのが楽しみですよ!

今後のクルマ話に期待しております。
ZZ以外のトミーカイラ車の車名の由来についてもお聞きしたいです!

投稿: STAR-ALLIANCE | 2007年11月 7日 (水) 21時22分

田代さん
本当にご心配をかけて申し訳なく思うと同時に
とてもありがたく思っています。
その分、これからブログなどで恩返しを
していきたいと思います。
まだまだこれからです。
応援よろしく願います!

投稿: 富田義一 | 2007年11月 9日 (金) 17時59分

STAR-ALLIANCEさん、いつもコメントありがとう!
クルマ話はおいおい書いていきますので、
飽きずにお付き合いください。よろしく!

投稿: 富田義一 | 2007年11月 9日 (金) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47067/16997848

この記事へのトラックバック一覧です: クルマお宝話(1):

« 奇跡の杖(1) | トップページ | クルマお宝話(2) »